大手ハウスメーカーの平屋建ての坪単価と特長を徹底調査!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての場合、2階建てや3階建ての建築に比べて、各ハウスメーカーの特徴が顕著に表れます。

 

中でも、平屋建ての価格はハウスメーカーにより大幅に変動してくることを知りました。

 

例えば、こちら。

 

  • 三井ホーム、住友林業、積水ハウス、ダイワハウスの場合は坪単価約80万~90万。
  • パナホーム、積水化学、ミサワホーム、ヘーベルハウスの場合は坪単価約70万~80万。
  • ヤマダ、エス・バイ・エルホームの場合は坪単価約60万~70万。
  • タマエルホームの場合は坪単価約40万~50万。

 

一般的には1人あたり8~10坪と言うので、うちは4人家族なので約40坪が標準ということになります。

 

換算すると、確かに価格はだいぶ変わってきますので、ハウスメーカー選びは慎重にしていきたいですね。

 

平屋建てるなら価格相談できるハウスメーカーで。

平屋を建てるとなると、どこのハウスメーカーの良いか?価格はどうなのか?気になるところです。

 

住友林業だと、増改築のしやすい木造建築をアピールしておりますが坪単価はやや高めになるとのことです。

 

アイフルホームでしたら耐震等級3に相当する最高等級の耐震性となっていますし、無駄なコストの発生を抑えるようにしているので予算に合わせてくれるところが嬉しいですね。

 

積水ハウスでしたらプランに合わせた木造、鉄筋どちらの仕様も可能ですが平屋だと坪単価が割高になるのが注意点。

 

ハウスメーカーで平屋を建てると、基本的には坪単価80万円くらいの価格になるでしょう。

 

何か所かのハウスメーカーで見積もってもらって自分の提案と予算で考えていきたいと思います。

 

積水ハウスで平屋を建てると高いの?

我が家では積水ハウスでの購入を考えていましたが、他のハウスメーカーに比べ価格が高いということを知り、少し悩んでいるところです。

 

具体的なその価格は、平屋建ての各ハウスメーカーの坪単価平均が約65万円ですが、積水ハウスは坪単価約85万円前後です。

 

しかし、家庭に合わせて様々なデザインを提供してくれるので、少し価格が高くても積水ハウスで建てるメリットは多いと思います。

 

中でも、バリアフリーに関してはバラエティに富んだ機能が豊富に取り揃えてあるので、老夫婦や、また祖父母世代との同居を検討しているご家庭には特におすすめしたいハウスメーカーです。

 

大手ハウスメーカーだと、価格が気になるところですが、価格以上にメリットも考えてみないといけないですよね。

 

積水ハウスは、暮らし方に沿った住まいづくりを提案しており、平屋にも対応しています

 

積水ハウスだと、間取りから設備、仕様内装デザインまでこだわって対応してもらえるところが最大のメリットです。

 

終の住まいとして相談に乗ってもらえるのは嬉しいことです。

 

価格面ですが、平屋だと坪単価は割高になるようですが、どこのハウスメーカーも相場は変わらないようです。

 

後で後悔しないよう価格ばかりにこだわらずに検討したいものです。

 

ダイワハウスの平屋が高いって本当?

ダイワハウスで平屋を建てると坪単価80~90万円なので、他のハウスメーカーで建てた場合と比較してやや高い価格設定となっています。

 

しかし、古き良き日本の建築スタイルを受け継ぎながら、ダイワハウスの進化した技術で、現代的で暮らしやすい平屋を建てられると評判がとても良いのです。

 

また、平屋建てで過ごすのは寒いという意見を聞いたことがありますが、ダイワハウスでは断熱仕様の「XEVO」が取り入れられています。

 

外張断熱通気外壁の「XEVO」は、夏は涼しく、冬は暖かくお部屋を包み込んでくれます。

 

そのため、暖冷房のエネルギーが少なくて済むので省エネ効果も期待でき、建設の際に少し費用が張っても長い目でみればお得だということですね。

 

住友林業の平屋建ての価格は?

住友林業の平均的な大きさの平屋建ての価格は約3,300万円程度と言われています。

 

これは様々なハウスメーカーの中でも高めの価格設定。

 

しかし住友林業の家は国産の木材が使われているビッグフレーム構造で品質がとても高く、また、耐震に強いというメリットがあるため、利用するご家庭が近年増加傾向にあります。

 

また、アフターメンテナンスの対応が良く、長年質が劣らない住宅作りがしていけると言えます。

 

実際に購入した方々も、購入価格は正直高かったと感じますが、住み心地やアフターメンテナンスと長い目で見るとコストパフォーマンスの良さを感じているという意見が多かったです。

 

満足度が高い分、住友林業での平屋建て購入は安心感があります。

 

パナホームの平屋建ては安いの?

平屋建ての平均坪単価が75万円に対して、パナホームでは平均坪単価70万円で建てられる住宅もあるのでその低価格に注目が集まっています。

 

また、ローコストなだけでなく、光が差し込んだり、風が差し込む間取りはとても魅力的ですし、フラットな動線は総父母と同居した場合でも負担が少ないと感じました。

 

平屋と言えば利用できるスペースが少なく感じますが、決してそんなことを感じさせない間取りにも感激しました。

 

主人がドライブや登山、釣りなど多趣味なのですが、ガレージ空間も充実していますし、ガーデニングが趣味の私にはもってこいの広めのお庭も取り入れられるので、とても嬉しく、住宅の出来上がりを想像するだけで胸が躍ります。

 

パナホームの平屋なら、価格以上の価値が得られます。

 

三井ホームで平屋を建てるといくらかかる?

三井ホームで34坪(平屋を建て)の見積もりをとったところ、付帯工事費、設計料、事務手続費などを含め約3000万円の価格がかかりました。

 

三井ホームは価格設定が高いというイメージがありましたが、全室空調を取り入れた上に、またオプション100万円分を無料でつけると言われたことがあったので、とてもお得感を感じています。

 

また、ロフトやウッドデッキ、バリアフリーなど、個人的に取り入れたい機能も充実。

 

様々なハウスメーカーが平屋売りの提供をしている中で、「ここの機能はこうしたい!」など間取りつくりにこだわりのあるご家庭は三井ホームでのご購入はおすすめですよ。

 

かなりリーズナブル!トヨタホームの平屋建て

各ハウスメーカーの平屋の坪単価が75万円のところ、トヨタホームの坪単価は51.4万円なので、お安い価格設定になっています。

 

30坪の平屋建てなら、 約1542万円で建てることが出来るという見積もりになるので、価格として見てもやはりお手頃さを感じます。

 

トヨターホームの平屋の特徴は、「シンセ・ピアーナ」と呼ばれる伝統的な平屋のメリットを活かしながらも、新たな付加価値をプラスした暮らしを実現した作りです。

 

お部屋ではお手頃価格とは思えない、贅沢な解放感が味わえ、またテラスやお庭もご家庭好みにカスタマイズが可能です。

 

コストパフォーマンスを求めるなら、価格設定がお安く、また高級感あふれる暮らしが送れる設計となっているトヨターホームの物件は理想的ですね。

 

ヤマダ・エスバイエルホームの平屋の価格は?

スマートハウス「スマートハウジング」で有名なヤマダ・エスバイエルホームの平屋は、エコで有名です。

 

エコを取り入れた家と聞くと建設の際にかかる価格が高くつくイメージですが、ヤマダ・エスバイエルホーム平屋建てを購入した際の坪単価は約60~70万円なので、全体からみてもこの価格は平均的と言えます。

 

スマートハウスとは、エネルギーの自産自消に取り組んだ、人の暮らしに優しいだけでなく、環境にも優しい新世代省エネルギー住宅と言われています。

 

「創エネ・蓄エネ・省エネ」をテーマになっており、例えば太陽光発電システムで創りだされた電力を賢く貯めたり、使ったりということが自動的に利用されるようになっています。

 

普通に過ごしているのに、光熱費を抑えられるので、ヤマダ・エスバイエルホームで購入をすれば環境だけでなくお財布にも優しい暮らしが待っていますよ。

 

セキスイハイムの平屋の価格は値引きが可能?

セキスイハイムで約40坪の平屋を建てた際の価格は約2700万円です。

 

これは坪単価に換算すると約68万円なので、標準より少し割高と言ったところでしょうか。

 

しかし、セキスイハイムは大幅に割引がきくことで有名なので、実際に購入した方々の話聞いてみると標準価格より最大200万円も値引きに応じてもらえたなんてエピソードもありました。

 

さらに、それでも高い思われるご家庭に対しては、価格をおさえるためにそのご家庭に不必要な機能をそぎ落とし、グレードのランクダウンをするという方法にも快く対応してもらえます。

 

また、セキスイハイムの平屋は「楽の家」という鉄骨系住宅or木質系住宅を選べるプランが有名で、外観もホワイやブラウンを基調として高級感あふれる大人なデザインとなっているのでおすすめですよ。

 

スウェーデンハウスの輸入平屋は価格が高い?

輸入住宅に憧れているのでスウェーデンハウスの平屋に注目しているのですが、気になるその価格は坪単価80~90万円でした。

 

日本のハウスメーカーに比べて、価格的には高さを感じますが、さすが住環境において世界一の先進国・スウェーデンというだけあり、その性能やデザイン性は素晴らしいものです。

 

まず、高断熱高気密なため、一年中どこの部屋にいても体感温度に変化がありません。

 

スウェーデンハウスのモデルハウスに何度か足を運んだことがあるのですが、これは自身でも実際に感じました。

 

また、今までお話を伺った営業マンの方が他のハウスメーカーと比較しても知識が豊富で、とても熱心に相談に乗ってくださったので物件を検討する際も安心してお任せすることができました。

 

どのくらいローコスト?タマホーム平屋の価格

平屋と言えば、2階や3階建ての物件よりも価格が割高なイメージがありますよね。

 

タマホームの場合は数階建ての物件でも平屋の物件でもそのような差が出ないので、平屋を購入する方にとってはとてもお得なハウスメーカーであります。

 

ちなみに坪単価は40万~50万円が目安になっています。

 

さすがローコストで有名なタマホーム、低価格で平屋も建てられるのですね。

 

また、タマホームの平屋は20のバリエーションが揃っているので、各ご家庭の事情に合わせて間取りを選ぶことができます。

 

標準装備のプランを選んでも、オール電化にも対応した、長い目で見て安心して暮らせる長期優良住宅対応なのでとても理想的な平屋を建てられること間違いなしです。

 

ヘーベルハウスの平屋が高くなる理由は?

様々なハウスメーカーがある中で、ヘーベルハウスは価格が高いイメージがありました。

 

実際、平屋を建てる場合は坪単価が約70~80万円なので、他のハウスメーカーに比べ少々割高だということになます。

 

しかし、それには理由があり、外壁材など使われている素材がとても良質なため、お部屋の保温や耐震などの機能性がかなり期待できます。

 

また、実際にヘーベルハウスの平屋に住んでいる方々からは、光熱費が少なくなったというエピソードを多く耳にします。

 

これも品質の良い断熱素材が使用されているので、室内で使う冷暖房エネルギーが少なくて済むためです。

 

お財布にも、環境にもやさしいお家はまさに理想的と言えますね。

 

無印良品の木造平屋の価格は?

無印良品では「木の家」と呼ばれる木造建築が有名ですが、もちろん平屋建てにもこちらのプランが対応しています。

 

「木の家」とは、家の骨格自体に強度をもたせることで、壁や間仕切りにしばられることなく、広々とした「一室空間」をつくり出した構造が特徴的です。

 

また、扉などの部品や収納スペースには、無印良品らしいフラットで飾りのないオリジナルデザインが使われています。

 

それらがより空間を広く見せてくれる効果があるのです。

 

そんなリラックスした贅沢空間を味わえる無印良品の家ですが、坪単価は約44万円とお得な価格設定になっています。

 

また、モデルハウスに見学へ行くと土地の広さや向きにあわせた標準プランを多数ご提案していただけるので、より具体的な見積もりを立てることができますよ。

 

平屋の新スタイル「ウィザースホーム」は安い?

ウィザースホームの平屋は坪単価40~50万円とお手頃な価格設定になっています。

 

しかし、その機能性はとても充実しており、特に最近では「新・平屋スタイル」と呼ばれるプランに注目が集まっています。

 

各ご家庭に合わせたバリアフリーはもちろん、平屋でもたくさんの陽射しと心地良い風が入る構造が特徴です。

 

また、コンパクトな動線で家事が効率良くこなせるようになど、「住む人」の目線に立って設計がされています。

 

家庭菜園やガーデニング、バーベキュー、クルマやバイクの趣味など、家族それぞれの理想の暮らしを取り込んだ間取り作りへのカスタマイズも効くため、とても住み心地の良い平屋を建てられることが期待できますね。

 

クレバリーホームの平屋は値引き可能?

クレバリーホームで平屋を建てる際、坪単価は約40~50万円となっています。

 

しかし、ローコストを売りにしているハウスメーカーのため、この価格よりも値引き交渉を行うことで値引きに応じてもらえるケースが高いそうです。

 

また、値引き交渉をしなくともキャンペーン中という理由で、100万円以上の値引き額を自ら提供していただける時期もあるそうで、とてもサービスが充実している印象でした。

 

ちなみに我が家では「今月中に契約をしてもらえる場合は、値引きとサービスいたします。」との条件を営業マンの方からいただきました。

 

しかも、今月中と言われましたが、他のハウスメーカーと迷っているという事を伝えるとその先の月まで交渉期間を延ばしてもらえたのですごく良心的だと言えますね。

 

和室付き「エースホーム」の坪単価は?

エースホームの平屋は坪単価約45万円なので、他のハウスメーカーに比べてお手頃価格と言えるでしょう。

 

さらに、なんと言ってもエースホームの平屋の人気の秘密は「和室」にあります。

 

フローリングとはまた違った畳ならではの居心地の良さは、来客時の客間としても大活躍しますし、またご家族での日常使いとしても魅力的な空間です。

 

もちろん、平屋なので和室はリビングとひと続きになります。

 

遊んでいる子供の様子にも目が届くので子育ても安心ですし、家族の洗濯物をまとめて畳んだり、アイロンをするにも膝をつけやすく、家事にももってこいです。

 

和室は日本人ならではのやすらぎ空間ですので、標準プランでもこだわりがあるのは嬉しいですね。

 

シャーウッドの平屋の値段は?

シャーウッドの場合、木造建築だから価格が安い、または高いということはなく、鉄骨住宅と変わらない価格でした。

 

ですので、ハウスメーカーにより価格が変動していくということになりますね。

 

例えば、三井ホーム、住友林業、積水ハウス、ダイワハウスの場合は坪単価約80万~90万。

 

パナホーム、積水化学、タマホーム、ミサワホームの場合は坪単価約70万~80万。

 

ヤマダ、エス・バイ・エルホームの場合は坪単価約60万~70万。

 

ですが、鉄骨住宅に比べ、木造建築の方がメンテナンスに費用がかかると聞きました。

 

しかし、木の温かみを気に入って、木造建築を好んで選ぶ人が多いのも事実ですよ。

 

住友不動産の平屋は安い?

住友不動産で注文住宅の平屋を建てた際の坪単価は40万~60万円が相場なので、大手ハウスメーカーの中では非常にお安い価格設定になっています。

 

坪単価40万円~という価格は工務店に近い設定と言えます。

 

また、住友不動産は価格が安いだけでなく、品質や機能性、設備が充実しているので価格以上のものが期待できますよ。

 

この良質物件でなぜ価格がこんなにも安いのかと言いますと、通常のハウスメーカーの場合は、

  • 営業マン、
  • 設計士、
  • インテリアコーディネーター、
  • 現場監督、
  • 外構の担当者

などが進行具合に合わせ打ち合わせに同席していますが、住友不動産では、全て優秀な営業マンの方一人に対応してもらいながら話を進めていくため、実現されているようです。

一般工務店で平屋を作ると価格はどれぐらいになる?

今ではハウスメーカーで家を建てることが一般的になっているかもしれませんが、地域などに根付いて営業している工務店に直接頼んで家を作ってもらうこともできます。

 

特に、平屋を建てるときはハウスメーカーだと規格が少ない上に、意外と価格が高くなってしまう傾向にあるため、工務店に直接依頼したほうが安くなることがあります。

 

実際、平屋を工務店に依頼すると坪単価35万円ほどで施工してくれることもあるようなので、これはかなり安い印象です。

 

もちろん、家の規模や設備にも寄りますが、完全に0から作りたい人は工務店に直接依頼してみるのもいいかなと思いますね。

 

平屋にするとバリアフリーの面など有利な面が多いですが、どうしてもトータルコストはたかくなることがあるので、注意しておきたいところです。

 

自然素材のコバコならば、平屋の価格はどれくらいになる?

ハウスメーカーは大手だけでなく、思っている以上にさまざまなメーカーが存在しています。

 

その中でも平屋にこだわっているのがコバコというメーカーで、家を作る際にほぼ木材だけで平屋を作っているメーカーです。

 

見た目としては海外にあるログハウスになっており、さらに無駄な広さがないのでコンパクトに過ごすことができそうなので、個人的には魅力的に映りますね。

 

また、ストーブなども標準仕様となっており、その設備があれば部屋中が暖かくなるようなプランを提案しているようです。

 

そんなコバコの平屋は、平屋とは思えないような低価格も実現しています。

 

本体価格だけでいえば約1500万円ほどで手に入る家となっており、コバコのプランなどが気に入ったのであれば検討してもいいかなと思いますね。

 

新昭和の平屋価格はどれぐらいになっている?

住宅メーカーは大手だけでなく新興メーカーも数多く存在しており、その中の1つが新昭和になってくるかなと思います。

 

こちらは「クレバリーホーム」という名前で全国展開しており、こちらの名前ならば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

新昭和では外観と内装のプランを分けて販売しており、その2つを組み合わせることで家を建てるのを手法として取っています。

 

そんな新昭和では平屋のプランも存在しており、価格としては坪単価として約55万円ほどになっています。

 

しかし、こちらはあくまで平均のため、各土地や家のプランによって金額は大きく違ってくるので、その点についてはしっかりと注意しておきたいですね。

 

住友林業が考える平屋の考え方と価格とは

住友林業は国産保有林を使うほど住宅建築に力を入れており、大手ハウスメーカーの中でも高いクオリティを持っているハウスメーカーだなと感じます。

 

そんな住友林業では日本の伝統的な家でもある平屋作りにも力を入れており、現在の少子高齢化に対応して住みやすいプランを提案してくれています。

 

住友林業の平屋プランとなっている「GRAND LIFE」では、6つのコンセプトから選ぶことできるというぜいたくな使用になっており、さらにウォークインクローゼットによって寝室を区切るなどの工夫も光る家です。

 

これだけ住む人のことを考えてくれている家であれば、ぜひ施工を検討したいですね。

 

しかし、やはり日本の中でも大手ハウスメーカーということもあって、価格としては高めで90万円ほどとなっているので、財布にとってはかなり痛い金額かなと思います。

 

スズキハウスでも平屋を建てられる! その価格は?

住宅ハウスメーカーにはさまざまなものがあり、家電販売メーカーや自動車メーカーが参入しているパターンがあります。

 

スズキハウスのその1つになっており、日本では自動車の「スズキ」で有名な関連会社となっているようです。

 

やはり大手自動車メーカーのスズキらしく、高い品質や安全性は確保されており、かなり安心できるメーカーだなと思いますね。

 

こちらスズキハウスでは平屋のプランも存在しており、木質系と鉄鋼系の2つが存在しています。

 

価格としては材質が違いもあって開きがあり、木質系ならば40万円ほどで、鉄鋼系ならば50万円ほど。

 

それぞれの平屋にはそれぞれのメリットが存在しますので、きちんと検討してから施工を依頼したいかなと思いますね。

 

セルコホームならばおしゃれな平屋が建つ!その価格は?

日本にはさまざまな住宅メーカーがありますが、最近では国内メーカーだけでなく海外製のハウスメーカーも存在しているようです。

 

その内の1つに入ってくるのがセルコホームかなと思います。

 

セルコホームはカナダの輸入住宅を扱っており、海外製の平屋も扱っています。

 

セルコホームの平屋ならばロッジのような形になっているので、かなりおしゃれで日本のものとは一味違った家を購入できるかなと思いますね。

 

また、機能性も高いものとなっており、断熱性能も高いと評判になっているようです。

 

そんなセルコホームの平屋は約50万円から70万円と開きがありますが、平屋となると価格が上がる傾向にあるためそこそこ予算は考えておきたいところですね。

 

ソラマドで平屋を作ると価格はどれぐらいになる?

日本にはさまざまなハウスメーカーがありますが、その1つにソラマドというメーカーがあります。

 

ソラマドは白を基調とした家作りをしているイメージがあり、さらに家族が暮らしやすい家をつくっているようです。

 

そんなソラマドでは平屋建てにも力を入れており、土地があればソラマドでの施工を検討してもいいかもしれませんね。

 

平屋となれば基本的に坪単価が高くなる傾向があり、大手ハウスメーカーであれば3000万円近い値段になることは割とザラなイメージがあります。

 

そこで、ソラマドだとどれぐらいの価格になるというと、なんと1000万円から平屋の建築を考えることができるようです。

 

ソラマドならば上質な平屋を実現できるかと思うので、平屋を建てるときにはぜひ検討したいかなと思いますね。

 

平屋を建てるなら東日本ハウス!価格はどれくらいになる?

家を作るメーカーである東日本ハウスですが、こちらでは2階建てだけでなく二世帯住宅や平屋も施工してもらえるようです。

 

今では平屋プランが人気となっており、特に定年後に田舎などで暮らそうと考えているシニア層を中心に建てる人が多くなっています。

 

もちろん、若い夫婦層の人も考えている人がいるようですが、どうしても坪単価が高くなって全体の価格が上昇してしまうので、ちょっと厳しいかもしれませんね。

 

東日本ハウスで建てると坪価格が60万円後半と高めになりますが、標準で太陽光発電システムが付きますし、高い断熱性能があるのでランニングコストはかなり下げられるとのこと。

 

他のハウスメーカーよりもランニングコストの面で有利なので、ぜひ検討したいメーカーです。

 

ローコストの秀光ビルド、平屋の価格は?

今では大手ハウスメーカーだけでなくローコスト住宅を扱うメーカーもたくさんあります。

 

その代表例としてタマホームがあるかと思いますが、それ以外にも秀光ビルドと呼ばれるメーカーもあるようです。

 

こちらは中部や近畿地方中心のローコスト住宅となっており、平屋の施工も行っているようです。

 

秀光ビルドの魅力は、なんといってもその価格にあるかなと思います。

 

ほとんどがセット価格になっておりので料金がわかりやすいですし、その上で安くなっているのが特徴となっているようです。

 

平屋に関してもすべて込みで1500万円ほどになっている人もいるようなので、料金を抑えたい人にとってはかなり魅力的なメーカーかなと思いますね。

 

安めの桧家住宅、平屋の価格はどうなっている?

今ではハウスメーカーで家を建てる人よりもリフォームする人のほうが多いようですが、その中でも桧家住宅も安めの価格帯になっているようです。

 

価格帯としてはローコスト住宅と大手ハウスメーカーの間のような位置になっており、自由設計にしては安めかなという印象。

 

そんな桧家住宅でも平屋を建てることはできるようになっており、本体価格だけで考えれば約2000万円ほどになっているようです。

 

これならば一般的なハウスメーカーと値段が変わらないと考える人もいるかもしれませんが、桧家住宅は値引きに積極的であることで知られるメーカーと聞きました。

 

桧家住宅ならば約300万円もの値引きに成功した人もいるようなので、かなり期待ができそうですね。

 

2009年には省エネ部門において賞も貰っているようなので、その辺りの設備が気に入るのであれば検討したいかなと思います。

 

埼玉が中心の富士住建、平屋を作ると価格は?

各地域だけを中心に活動するハウスメーカーがありますが、その1つに富士住建があるかなと思います。

 

富士住建は埼玉を中心に活動しているメーカーになっていますが、こちらは価格帯が低くなっていることで知られているようです。

 

富士住建の最大の特長といえば「完全フル装備の家」で、低価格ながら他ならオプションになるような装備が、最初から標準装備で付いているのが特徴です。

 

そのため、ふつうならばちょっと高いと思ってしまう家でもトータルで考えれば安いかなというイメージがありますね。

 

本体価格としては、坪単価が50万円ほどなので1500万円から2000万円に収まります。

 

しかし、これに内装が充実しているということもあるので、個人的にはかなり安くまとまっている家だなという印象があります。

 

かなり特殊なフェニーチェホームの平屋、価格は?

各業界は世相に合わせて販売スタイルを変えていくものだと思いますが、ハウスメーカーとしても高齢者世帯向けのプランに特化したものがあります。

 

そうしたプランを提供しているのが、東北を中心に活動しているフェニーチェホームです。

 

フェニーチェホームでは2人暮らしのちょうどいい平屋を建てており、機能性に特化した木造住宅を建てているとのこと。

 

太陽光発電システムはもちろん、地震にも強い家を建てているそうなので、個人的にはかなり惹かれるプランになっているかなと思いますね。

 

特に、寒い地域でも暮らせるように断熱も敷いているようなので、その点についても安心です。

 

しかも、2人暮らしに特化した家なので16坪程度からでも依頼することができ、価格も1500万円前後となっているのは単純にすごいなと思いますね。

 

福岡にあるマキハウス、平屋を作ると価格はどれぐらいになる?

各地域に根付く工務店やハウスメーカーの中に、マキハウスと呼ばれるものがあります。

 

こちらは福岡県を中心に活動しているメーカーのようですが、高い品質の家を作っており、団塊の世代の人に受けているとのことです。

 

段階の人に受けているのは、コンパクトで自然と近い家と作ってくれるから。

 

団塊の世代となれば家族は2人で過ごすだけになることが大半なので、坪数も20坪だけという家でも可能になってきます。

 

また、都市圏ではなく広い自然のある場所で家を作りたいという需要もあり、それに応えていることもあって人気のようですね。

 

そんなマキハウスでは高品質の平屋が約1500万円ぐらいで手に入るようなので、この価格ならば人気モデルかなと思います。

 

高品質の安成工務店、平屋の価格は!?

大手ハウスメーカーだと坪単価が70万円ほどかかる場所がありますが、その価格と変わらないのが安成工務店となっています。

 

こちらのメーカーは福岡や山口を拠点にしているハウスメーカーですが、かなり坪価格が高いことで知られているようです。

 

実は、こちらのハウスメーカーだと坪価格が80万円ほどになることがあり、かなり本体価格が高くなってくることが予想できます。

 

しかし、その反面で高い品質の家を提供しており、そのレベルは大手以上という声もあります。

 

平屋に関してもさまざまな建築プランを用意しているだけでなく、断熱使用や吹き抜けなどの施工も考えてくれるようなので、山口あたりに住んでいる人ならば検討する価値がありそうですね。

 

ユニバーサルホームで平屋を作ると価格はこれぐらい!

全国展開しているローコスト住宅としてはタマホームが有名ですが、ユニバーサルホームというメーカーも存在しています。

 

こちらのメーカーでは坪単価を45万円ほどから提案してくれることもあり、かなり安くなっているのがわかりますね。

 

もちろん、安いからといって耐震性や使っている木材に手を抜いているといったこともなく、堅実にいい家を作っているという感想を持てるメーカーです。

 

そんなユニバーサルホームでも平屋を建てることはできるようになっており、本体価格も坪単価が安いお陰もあって抑えることができるかなと思います。

 

また、ユニバーサルホームでは地熱床システムというものを採用しており、冬でもあったかいイメージが湧きそうでいい感じです。

 

坪価格が約30万円台!ロイヤルハウスで平屋を建てて大丈夫?

今では住宅を新築で建てる人もそこまで多くないと言われていますが、坪単価が30万円台と聞けば心も動くのではないでしょうか。

 

そんな破格の坪価格を実現しているのが、ロイヤルハウスというメーカーです。

 

ロイヤルハウスはローコスト住宅として知られており、低価格で住宅建築を実現しているメーカーになっています。

 

かなり安い価格となっているので、平屋を作っても低価格で実現することができそうなので、かなり魅力的に映りますね。

 

しかし、ネットではネガティブな意見も散見しており、ロイヤルハウスとしても別荘としての平屋作りをプッシュしているみたいです。

 

こうした情報を見ると、長い目で見た住宅を作るのは苦手なのかなと感じてしまいます。

 

関東地域で人気!城南建設の平屋の価格は?

関東地域を中心に活動しているハウスメーカーに城南建設があります。

 

城南建設はローコストながら堅実でおしゃれな見た目の家を作ることで知られており、関東地域ではかなり人気のあるメーカーとなっているようです。

 

また、ハウスメーカーながらさまざまな要望にも応えてくれるようなので、その点についてもかなり魅力的なメーカーだなと思いますね。

 

もちろん、価格帯も低めに設定されていることも人気の秘密となっていますが、その坪価格は40万円という値段となっています。

 

平屋になるとどうしても坪単価が高くなる傾向があり、城南建設でもそれは変わらないようです。

 

ですが、もともとの価格が低く鳴っている上に、見た目もスタイリッシュなのであればぜひ検討したいメーカーだなと思いますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

更新履歴