トヨタホームの平屋の坪単価は?理想の平屋がほしいから価格を調査

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
元気のあるトヨタホームで平屋を作ると、坪単価はどれぐらい?

ハウジングメーカーは新築を作るのに苦戦しているという現状がある中で、トヨタホームは今でも平屋をはじめ意欲的に新築を作っているメーカーの1つになっています。

 

トヨタホームにて平屋を作るとなれば、坪単価はおよそ60~70万円ほどと言われています。

 

30坪の平屋を作るとなれば、本体価格でだいたい1700~2000万円ほどになってくる計算です。

 

トヨタホームの平屋は第二の住処をコンセプトにしているところが大きく、プライバシーとお客様が入りこむバランスに注意を払っています。

 

大広間はプライベートに配慮しながら開放的な空間を演出するような作りになっています。

 

自分らしい家作りと共に、客人を招きやすい家のバランスを考えているのは、私個人としては非常にいい塩梅なだと思いました。

 

「理想の平屋」をトヨタホームが提供しているって本当?

第二の住処として理想の平屋を探している方も多いかと思います。

 

今では若い人でも将来のことを見据えた上で平屋という選択を取る人もいるようですが、トヨタホームではそうした理想をすべて叶えてくれるような平屋を提供しているのです。

 

トヨタホームのシンセ・ピアーナは「理想の平屋」という名前になっており、見た目の非常におしゃれなものになっています。

 

特にこだわっているのは、子どもがいても安心して暮らせる平屋。

 

庭先へ出られる大きなドア窓や、庭の作りには強いこだわりを感じることができる作りになっています。

 

室内空間にも工夫が施されており、小屋裏収納を導入することで生活スペースと共に収納スペースの確立に成功しています。

 

理想の平屋という名にふさわしいスペックを備えているなと、私は思います。

 

自由設計が魅力のトヨタホームのエスパシオとは

トヨタホームの商品ラインナップにはエスパシオと呼ばれるものがあります。

 

エスパシオの一番の特徴は、なんといっても自由な間取りで家を作れること。

 

エスパシオで使われる骨組みの強度は強く、フロアを広く取れるようになっています。

 

また、骨組みの強度を強くすることで柱の位置も自由に付け替えることができます。

 

1階と2階で柱の位置を変えることもできるので、間取りはかなり自由に作れるのではないかと個人的に思います。

 

外観にもこだわりを持っており、ハウジングメーカーでは難しいと言われていたアールドウォールと呼ばれる曲線を描いた外壁を取り入れることも可能です。

 

デザイン性と共に、自由な間取りで理想の家がほしい人にとっては、これほど満足度の高い商品プランはないのではないかと思います。

 

トヨタホームのLQならば1600万円台からも家を作ることができます!

トヨタホームの家は基本的に坪単価が60万円台からとなっており、金額としては少し高めのメーカーに分類されてくるかなと思います。

 

そんな方でもトヨタホームで家を作りたいときにおすすめなのが「LQ」という商品です。

 

LQは「ライフスタイル」と「クオリティ」を組み合わせた造語で、外観や家のベースはトヨタホームが用意して、それ以外のアレンジは施主が自由に行うことができるプランです。

 

家を作るために必要なプランは概ねハウジングメーカーが用意してくれていますので、そこから自由に選んで家を作れるのは非常にメリットを感じますね。

 

家のアレンジや選ぶプランによってはコストを抑えることも可能で、トヨタホームのクオリティが高い家を1600万円台で購入することもできるようです。

 

自分の理想の家をコストを抑えた上で購入できるのは、非常に良心的なプランだなと思います。

 

トヨタホームのスマートステージ、価格はどれぐらいになる?

トヨタホームにはスマートステージと呼ばれる商品がありますが、坪単価としては約60万円ぐらいからになっているようです。

 

そのため、本体価格としては約2000万円以上になってくることになってきますね。

 

トヨタホームでは、どのハウジングメーカーよりも早くスマートハウスを提唱しており、その一環としてスマートステージが生まれた背景があります。

 

スマートステージでは電気自動車を取り入れた家作りを進めると共に、エネルギーの無駄が出ないような家作りを目指しています。

 

家からはできるだけ空気が逃げないように高断熱性・高気密を心掛け、さらに太陽光発電も取り入れた家になっています。

 

車を取り入れた上でエネルギー効率を考えた家というのは、他のハウジングメーカーではなかなかマネができないかと思いますので、電気自動車に乗っている人ならば検討するのはアリかなと思いますね。

 

トヨタホームの注文住宅、価格で見ると違いはどれぐらい出る?

トヨタホームでは、さまざまな注文住宅を取り揃えていますね。

 

各家ごとに特徴は全く違っており、外観や機能性などそれぞれの施主が望むアプローチから選べるのはうれしいところですね。

 

住む家なので外観や機能性も気になるところですが、やはり予算も気になってきますよね。

 

トヨタホームの注文住宅は、ほとんどの家が約30坪で2000万円ほどになる傾向です。

 

注文住宅の1つであるエスパシオやシンセカーダになれば、少し高くなって2500万円台になってくるようです。

 

トヨタホームにはLQという自由なプラン設計ができる家もありますが、こちらになると最低1600万円台からの施工も可能になってくると言われています。

 

せっかく高機能な家を作ることができるので、予算だけでなく各注文住宅の特徴を踏まえながら家を建てたいですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

↓の記事も読むとトヨタホームのことが大好きになります。

勢いのあるハウスメーカーのトヨタホーム、家の性能はどう?トヨタホームは、各ハウスメーカーさんの中でも勢いのある会社として知られています。トヨタ系列であるのは名前からもわかりますが、家の性能も車作りに負けないぐらい品質にこだわりがあります。ラーメン構造による耐震性と共に、長く過ごせる家作りを目指して作られた家は約60年は過ごせるような家となっているようです。最も大きな特徴は、家を作る際の自由度。トヨ...

トヨタホームの外観は非常におしゃれで、バリエーションも豊富!トヨタホームは、トヨタグループならではの堅実な家作りをしてくれるハウジングメーカーというイメージがあります。省エネ技術や電気自動車の充電機能など、家の機能面での充実性はもちろんのこと、家の外観も非常におしゃれで個人的には好みなものが多いです。家の外観には和洋のものが取り揃えられており、屋根も斜めになっているものや水平のものと、家ごとに合う...

トヨタホームは外観と内装のギャップが魅力です!トヨタホームで私が非常に惹かれるのは、外観の美しさにあるかなと思います。外観は近代的で、非常にシャープなものを感じることができます。四角形の外観は自分たちのプライバシーをしっかり守り、外からの音などもシャットアウトしてくれるので安心できる作りになっています。外壁もグレードによってはメンテナンス年数を延ばすことができるので、そのあたりも非常にうれしいかな...

玄関は家の顔! トヨタホームでおしゃれな空間を演出してみるトヨタホームは機能性の高い家を作ることができますが、便利な家だけでなくおしゃれも大事にしたいですよね。おしゃれを演出する上で大事な空間となってくる場所に、私は玄関があると思います。玄関から家に入ったとき、その空間の良し悪しが家の良し悪しにも影響してくるはずです。トヨタホームでは玄関の作りにもこだわっており、それぞれの施主の思う形にすることが...

トヨタホームのアフターサービスや安全保証はどうなっている?トヨタホームでは、アフターサービスもしっかり保証してあります。トヨタホームでは家を建てた後でも、住宅ローンのサポートをする体制を整えています。これは、万が一に病気やケガによって稼ぎ頭が倒れてしまったときに、ローンの組み換えや所得補償保険などの相談に応じてくれます。こうしたサポートは、現代の不安定な状況においては非常にうれしいサポートかなと個...

トヨタホームでは諸費用の中に保険費用も入ってきますトヨタホームは、車メーカーとして知られるトヨタが経営するハウスメーカーです。車と同じく堅実な家を建ててくれることで知られており、保証面に関してもしっかり完備しています。家を買う際には本体価格だけでなく、諸費用として税金や仲介手数料などを払う必要があります。その中には各種保険料も含まれており、その1つに挙げられるのが火災保険料です。火災保険は家を建て...

トヨタホームは5年点検で安心をバッチリ保証!トヨタホームは鉄骨系のハウスメーカーで、5年点検をしっかり完備しています。各ハウスメーカーでも点検に関しては準備していますが、きちんと5年ごとに点検してくれるのはうれしいところかなと個人的には思います。また、他のハウスメーカーに比べると保証期間は長いほうで、基礎と構造体に関しては30年までは無料にて点検を行ってくれます。30年以降は5年ごとの点検になって...

トヨタホームで狭小住宅は建てられる?トヨタホームは日本の中でも大手企業が作る家だけあって、安心・安全の面でいえばハイクオリティとなっているのがわかります。車と同じく品質にこだわるトヨタホームはラーメン構造と呼ばれる耐震性・耐久性の高い家作りをおこなっており、特に注目すべきなのが「パワースケルトン」と呼ばれる構造。この構造は大空間を実現しながらも丈夫さを兼ね備えた作りとなっており、縦長の3階建て住宅...

トヨタホームで採用されている洗面台は?家族で使う洗面台は、いつでもきれいな場所にしておきたいですよね。そんな依頼者の気持ちを考えているのが、トヨタホームかなと個人的には思うところがあります。トヨタホームの洗面台の事例を見てみると、スクエア型のスタイリッシュな洗面台をよく見かけます。この洗面台はリクシルの「LC」と呼ばれるもので、掃除のしやすさに定評があるみたいですね。「LC」はタッチレス水栓になっ...

フローリングをトヨタホームだと選べる?ハウスメーカーではフローリングの扱いが全く違うものですが、トヨタホームだと色々と選ぶことができるようです。人気の無垢材はもちろん選ぶことが可能で、それ以外にもワックスがけ不要のものや傷が付きづらいものなど、それぞれ施主の希望にあったものを選べます。しかし、トヨタホームだとこのフローリングの種類が公式ページだとわかりづらいところがあり、この辺りは店舗で聞いてみる...

トヨタホームといえば、新築のイメージが強いですが、リフォーム部門の実績もすごいです。リフォームに強いとなれば、歳月が経ったあとでも安心ですし、心強いなと思います。目次リフォーム部門、トヨタホームにはある?バリアフリーな家をトヨタホームで実現4階建て、トヨタホームで作れる?リフォーム部門、トヨタホームにはある?現代では新築で家を建てる人は激減しており、中古物件をリフォームするスタイルが主流となりつつ...

トヨタホームといえば、トヨタ自動車が運営するハウスメーカーということで、やっぱり安心感があります。安心感だけでも買いだと思うぐらいなのですが、インテリアがとっても素敵なんですよね。今回は、そんなトヨタホームのインテリア(特にリビング)について、詳しく検証してみました!目次リビングにこだわるトヨタホーム!トヨタホームでロフトはアリ?トヨタホームが提供するスマート和室って?和風住宅もトヨタホームならば...

トヨタホームの考えるスマートハウスって?今から家作りを考えている人は、やはりスマートハウスなども検討している人がいるのではないでしょうか。スマートハウスは太陽光パネルやエコキュートなどを家に導入し、できるだけ消費エネルギーを抑えると共に電気を自ら作り出す設備を導入した家を指します。スマートハウスであれば年間ラニングコストも大きく下げることもできるので、個人的にも注目したいスタイルかなと思いますね。...

布基礎を採用しているトヨタホーム、その理由はある?家を支える基礎部分にはベタ基礎と布基礎の2つがありますが、トヨタホームでは布基礎を採用しています。今だと各ハウスメーカーではベタ基礎を採用していることが多いのですが、あえて布基礎を採用している理由はあるのでしょうか。ベタ基礎は家を建てる敷地全体にコンクリートを敷き、地盤沈下の発生を抑えるのが最大のメリットと言われています。その一方でコストが非常にか...

「せっかく新しく家を買うんだから、防犯性能も高くしたい!」その気持分かります!私もそう思います。そこで、トヨタホームの防犯性はどうなのか、検証してみました。対「人」だけでなく、防音性、防水性能についても、あわせて検証しています。防犯性の高さもトヨタホームのウリトヨタホームは鉄骨やEV車も充電できる家が魅力かなと思いますが、実は防犯性の高さも魅力かなと個人的には思ったりします。トヨタホームでは防犯性...

トヨタホームが外壁にも配慮しているって本当?トヨタホームはあのトヨタが運営するハウスメーカーということもあり、住みやすさと安全性を追求した家は他社とは決定的な差別化につながっています。そんなトヨタホームの外観デザインはクリーム系やアイボリー、ブラウンなど一般的な外壁カラーが多くなっており、やはり没個性というイメージがありますね。そこで、外壁にも色と機能性の両方を備えようとしたのがニューセラミック外...

トヨタホームで大人気の「はぐみ」、その価格は?子育て世代の人がトヨタホームで家を建てる際、一度は考えたいのが「はぐみ」ではないでしょうか。「はぐみ」はその名前が示すように子どもがいる人たちを対象にしているようなプランとなっており、間取りに関しても随所に工夫が見られます。キッチンを中心にしたリビングはどこからでも子供が見えるようになっており、小さい子どもがいても安心して家事などの仕事ができるようにな...

価格なんて関係ないぐらい魅力的な「エスパシオ」!トヨタホームで自由設計を実現できるプランといえば「エスパシオ」ですね。「エスパシオ」はEST工法と呼ばれるものを採用しており、強い耐震性を実現しています。鉄骨軸組の住宅とはいえ、これによって耐震等級3を実現しているのは素直にすごいなと感じますね。そんなエスパシオは本体価格でみれば2700万円から3000万円手前と、少し値段は張る感じになっています。こ...

トヨタホーム「LQ」、その価格は?トヨタホームは高いプランしかないかなというイメージがありますが、実は格安プランとして「LQ」を用意しています。「LQ」とは「ライフタイル」と「クオリティ」の2つを組み合わせた用語となっており、多彩な18プランからそれぞれの素材を選びながら家を作っていきます。基本的には屋根とサイディング、インテリアカラーを選んでいくのですが、これだけ選べて1600万円から検討できる...

スマートステージの特長、それはゼロエネルギー?トヨタホームではエスパシオやLQなどのシリーズが存在していますが、その中でもシンセシリーズの「スマートステージ」に注目が集まっているようです。なぜトヨタホームの「スマートステージ」に注目が集まっているかというと、「ゼロエネルギー」という特長を持っていることに理由があるとのこと。住宅を探しているとエネルギーの収支をできる限り0に近づけるスマートハウスなど...

家事のしやすさは一品!「ママハピ」の評判は?トヨタホームではあらゆる商品を展開していますが、中でも主婦目線と言われているのが「ママハピ」ではないでしょうか。「ママハピ」はトヨタホームで実際に働いている女性社員が中心となって作られた商品となっており、実は多くの奥さんから評判を集めているようです。「ママハピ」ではウォークインパントリーが導入されており、家事をしながらでも移動がスイスイできるようになって...

3階建ての家も開放的!トヨタホームの価格は?現代では不景気や土地の高騰が相まっていることで、家を建てようとしても狭小地しかないことが多くなっているイメージがあります。それでもマイホームは夢の1つという家族の人も多く、そこで注目されているのが3階建ての家かなと思いますね。3階建ての家は1階部分をガレージや収納スペースとして使い、2階建て以上はリビングや生活スペースとなっています。しかし、不安になって...

トヨタホームは値引きに前向き!家を購入するとなれば非常にお金が掛かってしまうものですが、そこで誰もが気になってしまうのが値引きではないでしょうか。メーカー側としても購入を検討してもらいから値引きをすることも多く、中には値引きを考慮した上で価格を設定していることもあるようです。トヨタホームでも値引きに関しては非常に前向きなメーカーとして知られており、約5%の値引きは割と当たり前のような雰囲気がありま...

家を建てる人の多くが使っているフラット35、それってなに?家を建てる際はローンを組むのが一般的ですが、それについて調べているとよく出てくるのがフラット35ではないでしょうか。トヨタホームでローンを組む際にもお世話になる人も多いであろうフラット35ですが、やはりあまりわからないというところが正直な感想。フラット35を簡単にいうと、35年間はずっと金利の額が変わらずに返済ができるというローンです。これ...

「とにかく低コスト」な評判が目立つアイダ設計日本には多くのハウスメーカーがありますが、その中にはローコスト住宅を主に扱うメーカーも存在しています。ローコスト住宅とは坪単価が30万円から考えられるようなハウスメーカーを主に指しますが、中には本体価格が500万円など1000万円以下で検討できるメーカーもあるようです。そんなローコスト住宅の一角として評判を集めているのがアイダ設計ではないでしょうか。アイ...