このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
クレバリーホームが考える平屋プランはある?

クレバリーホームは新昭和が手掛ける全国フランチャイズ形式のハウスメーカーです。

 

1998年から営業を開始しており、いち早くツーバイフォー工法を取り入れたメーカーとしても知られているのです。

 

そのため、家のクオリティ面は非常に高いものとなっており、ぜひ検討しておきたいかなと個人的には思いますね。

 

住宅プランについても様々なものがあり、中には今はやりの平屋プランも存在しています。

 

そこまで平屋の数自体が多いわけではありませんが、「ワンフロアの暮らし」をコンセプトに段差のない家作りを目指しているようです。

 

基本的には千葉県を中心に営業しているので、セカンドライフの家をして十分に考えられるかなと思います。

 

クレバリーホームの評判はいかがですか?

クレバリーホームは千葉県に本社があるハウスメーカーで、兄弟会社に「ウィザースホーム」などがありますが、こちらは全国チェーンで展開しています。

 

全国チェーンといって価格を急激に安く設定していることはなく、坪単価にすれば40万円から50万円後半とハウスメーカーとしては平均的な価格となっています。

 

ちょっと値段が高いので手を出しづらいと考える人もいますが、クレバリーホームは家の構造や断熱性能にこだわっていることもあり、評判は上々なイメージがあります。

 

クレバリーホームは昔からツーバイフォー工法を採用しており、今ではその構造を推し進めたプレミアム・ハイブリット構造を作ることで、地震などの災害に強い家作りを目指しています。

 

断熱性能についても自社ホームページで数値を明らかにしていることもあり、かなり期待していいハウスメーカーだと思いますね。

 

クレバリーホームの口コミはどのようなものがある?

クレバリーホームは新昭和が展開する全国チェーンのハウスメーカーで、坪単価は40万円から50万円強あたりとなっています。

 

ハウスメーカーとしては中堅どころの金額のイメージになっていますが、口コミでは「値段以上の満足度がある」というものが多いイメージがありますね。

 

クレバリーホームではチェーン店とは思えないほど構造面にこだわりをもっており、現在ではツーバイフォー工法を推し進め構造技術を採用することができます。

 

こうした面が口コミでも人気の秘密となっているようですが、その一方でやはり各地域によって営業さんに差があるのも事実のようです。

 

全国チェーンだと一長一短の部分があると思うので、名前だけで決めないように注意したいですね。

 

クレバリーホームの住み心地の評判は?

住宅ハウスメーカーを選ぶ際、どれだけ予算に限りがあるといって住み心地について妥協するのは難しいのではないでしょうか。

 

せっかく家を建てたのにさらにオプションを付けないと家として機能しないこともあり、ほかにも雨漏りや床のきしみなど故障が多くても困りますよね。

 

全国チェーン展開しているクレバリーホームですが、とりあえず住み心地としては問題ないようです。

 

断熱性能としてのq値やc値を開示しており、ツーバイフォー工法を採用していることもあって機能性は高めになっています。

 

また、クレバリーホームの平屋では徹底して段差のない家作りをしており、年を取ったとしても住み心地はいいかなと思ったりします。

 

しかし、アフターメンテナンスについては地域についてバラつきがあるようなので、その点はマイナスになりそうですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

↓の記事も読むと、クレバリーホームについて更に詳しく知れます。

タイルが標準仕様になっているクレバリーホーム!クレバリーホームはハウスメーカーとしてはちょっと珍しいところがあり、それがタイルを標準仕様にしている点だなと思います。基本的にはタイルはオプション仕様になっていることが大半ですが、クレバリーホームでは標準仕様として採用しているため、あらかじめ坪単価にも含まれています。タイル込みで50万円程度の坪単価と考えれば、かなり安めになっているなと個人的には思いま...

外壁にタイルを付けたいならクレバリーホームがいいかも!クレバリーホームは全国チェーンで展開する新昭和のブランドメーカーの1つ。創業当時からツーバイフォー工法を施工しており、現代はさらに改良した構造方法を採用しており、チェーン店ながら頑丈で暮らしやすい家作りをしているイメージがありますね。そんなクレバリーホームですが、なんといっても最大の特徴は外壁デザインにあると思いますね。外壁に使っているのは一般...

「お値段以上」と評判のクレバリーホーム、その秘密は?クレバリーホームは新昭和が展開するブランドの1つで、同じく展開しているハウスメーカーとしてウィザースホームがあります。ウィザースホームが地元の千葉県を中心に展開しているのに対して、クレバリーホームは全国チェーンで展開しているハウスメーカーとなっています。全国展開しているハウスメーカーだと他社と違いを見出すことが難しいかもしれませんが、クレバリーホ...

クレバリーホームで値引きの見込みはある?住宅を購入するためには莫大な費用が必要となり、どうしても期待してしまうのが値引きではないでしょうか。多くの人が値引きに関するテクニックなどを考えたり探したりするかもしれませんが、クレバリーホームではどうでしょうか。クレバリーホームは全国展開しているハウスメーカーで、基本的には店舗によって運営方法や考え方などにばらつきがあります。また、基本的には本社の意向に沿...

クレバリーホームのeシリーズってどうなの?各ハウスメーカーではそれぞれコンセプトの違う住宅プランを数多く用意しており、クレバリーホームでもこの傾向は同じところがあります。クレバリーホームでは基本的にタイル付きの住宅プランを提案してくれますが、極力家作りにお金を掛けたくない人向けにeシリーズを用意しています。eシリーズとはコスト面と機能面を考えながら作れるプランの1つで、クレバリーホームの中でも坪単...

クレバリーホームの坪単価、他社と比べてどう判断する?クレバリーホームは全国展開しているハウスメーカーで、新昭和のブランドの1つになっています。坪単価としては50万円前後を提示しており、この価格はハウスメーカー全体でみると中堅どころかなと個人的には思うところがあります。坪単価を50万円とすると、約35坪の家を建てた場合は約1700万円程度で家が建ち、40坪になると約2000万円ほどになってきます。こ...

30坪の範囲でクレバリーホームの家を建てると価格は?家を建てる際に重要になってくるのが、どれぐらいの土地に家を建てるか考える点にあるかと思います。家は広すぎても使わない部屋が出てもったいないですし、反対に狭すぎると窮屈でストレスが溜まることになります。土地については立地や形も重要になってきますが、大きさも非常に重要だなと個人的には思いますね。持ち家を建てている人の平均は約35坪程度のようですが、現...

積水ハウスとクレバリーホーム、それぞれの特徴は?日本には多くのハウスメーカーがありますが、家が欲しいと考えたときはつい色々と考えてしまいますよね。1つの指標となってくるのが坪単価かと思いますが、その中でも高めに設定しているのが積水ハウスです。積水ハウスは坪単価を80万円と日本の中でもかなり高額な部類に入ってきますが、企画力とプラン数は随一と言われています。また、分譲住宅なども手広く展開しているので...

ua値、クレバリーホームはどれぐらいになっている?ハウスメーカーで家を建てる際、注目すべき点としてua値を重視する人がいるのではないでしょうか。ua値とは各住宅の断熱性能を計る数値の1つで、この数値が低いほど熱の出入りが少ないことを意味します。そのため、このua値が低い方が断熱性能が高い家ということになり、各住宅ハウスメーカーでは、こうした数値をホームページやパンフレットにて提示していることがあり...

クレバリーホームの中で最も高級なvシリーズとは?クレバリーホームでは標準的で暮らしやすい住宅プランを数多く揃えており、その上で坪単価も比較的抑えているのが特徴かなと思います。その中でもリーズナブルに作れるプランも存在していますが、その反対にvシリーズと呼ばれる高級志向のプランも用意されています。vシリーズになると坪単価的には50万円程度から考えることが大半になってきますが、クレバリーホーム自慢のタ...

クレバリーホームが考える防犯面の設備!家を買う上でチェックしておきたいのが、防犯面ではないでしょうか。家を建てるということは安心して暮らす場所ができるだけでなく、その中に家族を含め大事な家財や資産も入れているということになります。こうしたものを安心して置けるような家でないと、やはり不安が残りますよね。クレバリーホームでは防犯面においてドアホンはもちろんのこと、玄関ドアのロックシステムにも力を入れて...

クレバリーホームなら屋根は瓦の方がいい?家の外観のイメージを左右する素材の1つが屋根です。屋根の素材にもさまざまなものが存在しており、ハウスメーカーでもどのようなものを採用しているのか種類に違いが出てきます。クレバリーホームでも屋根材についても様々な種類があるようですが、どうせならば瓦がいいかなと思ったりしますね。クレバリーホームは標準仕様でタイルの付いたプランを選ぶことが可能で、ランニングコスト...

メンテナンス面も考えているのがクレバリーホーム家を購入する上で、ぜひ考えておきたいのがメンテナンス面でしょうか。家を購入した後、思っていた以上に掛かってくるのがメンテナンス費用です。実は、外壁や屋根の塗料は年数経過ではがれてしまい、一定の周期でメンテナンスをする必要があります。このメンテナンス費用もバカにならず、高い場合は100万円近く掛かることがあるようです。家を建てた後にこれだけの費用が掛かる...

床のデザインにもこだわるクレバリーホームクレバリーホームは外壁タイルを標準仕様にしているプランを数多く採用しており、タイルを施工する範囲や種類に違いがあると言っても、タイルを標準に含んでいるのは非常にお得なイメージがありますね。そんなクレバリーホームの坪単価が50万円に設定されていることを考えると、かなりお得なイメージがありますね。さらに、クレバリーホームではタイルをはじめ床などのデザインにもこだ...

1000万円でクレバリーホームを建てるのは難しいかも……住宅を建てる際に、必ず予算を考えるかなと思います。その予算は各家族で違いが出てくるかなとおもいますが、中には1000万円程度で家を建てたい人もいるでしょう。実際、現代ではローコスト住宅もたくさんあるので、1000万円でも家を建てることも考えることができるかなと思います。ですが、1000万円でクレバリーホームの家を建てるのは現実的ではないと言わ...

クレバリーホームで採用している断熱材は?各ハウスメーカーを周る際、皆さんが必ずチェックしているのが断熱材ではないでしょうか。断熱材は家の断熱性能を向上させるための重要な要素となっており、やはり看過することはできませんよね。クレバリーホームでは基本的な断熱材を使用しており、グラスウールやロックウール、さらに床にはポリスチレンフォームを採用しています。これらの断熱材は基礎断熱を上げるだけならば十分なも...

クレバリーホームのアフターサービスはどうなっている?クレバリーホームは全国チェーンで展開しているハウスメーカーで、坪単価50万円にてタイル付きの住宅プランなどがウリとなっています。そんなクレバリーホームは商品の品質について評判が高めで、日本でも早くからツーバイフォー工法を採用していたこともあり、そのノウハウは濃いものとなっています。また、アフターサービスに関しては引き渡しから10年間の無料点検はも...

建売の数はクレバリーホームだと少ない?どうしても予算が足りない場合は建売なども考えたいところですが、クレバリーホームでは建売の数はそこまで多くないようです。実際に不動産総合サイトであるSUUMOで確認してみても、クレバリーホームの建売情報数は少なく、しかも価格が2000万円以上になっていることが多くなっています。確かに、土地付きであることを考えれば安めに感じますが、そもそもクレバリーホームは坪単価...

分譲を用意してるけれどクレバリーホームだと高め?予算が足りないけれど、どうしても足りない場合に頼りたい分譲住宅ですがクレバリーホームでもきちんと用意しています。ですが、クレバリーホームが用意する分譲住宅自体は数が少ない上、価格も高めになっているイメージがあります。クレバリーホームは基本的に坪単価が50万円前後になっており、本体価格にすると1500万円から2000万円前後になっていることが多くなって...

クレバリーホームなら設備についても特に問題なし!家を建てるときに重視したい設備面ですが、クレバリーホームでは標準仕様でも設備が充実しているイメージがありますね。キッチンやトイレ、ユニットバスにおいても各建材メーカーと提携しており、標準仕様においてパナソニックやリクシルなどから選ぶことができるようです。とくに、クレバリーホームが用意する「シュフレ」というプランであればシステムキッチンに力を入れており...

クレバリーホームで契約する際に確認しておきたいことクレバリーホームでいよいよ家を建てるとなったら契約を結ぶことになりますが、いくつか知っておきたいことがあります。クレバリーホームは契約に対して焦る姿勢を見せることはなく、事前に依頼者からしっかりとヒアリングと質問を繰り返します。その後、敷地調査を行った後に設計プランを作り、本格的な計画プランが出来上がります。ここまでの行程を踏んだ後に、クレバリーホ...

展示場に力を入れているクレバリーホーム!クレバリーホームは全国展開するハウスメーカーながら、展示場に力を入れているイメージがありますね。クレバリーホームでは全国のほとんどの場所に展示場を作っており、自社ブランドのプランをしっかり把握してもらった上で建てることを大事にしています。また、本社のある千葉県では大きな展示場を作っており、家作りに関して細心の注意を払っているなと思いますね。個人的には必ずクレ...

クレバリーホームはあまり結露が発生しない?家を建てる上で個人的にチェックしておきたいのが結露の問題でしょうか。結露は窓やサッシに発生して見た目が悪くなるだけでなく、放置しておくとその部分が腐りやすくなってしまいます。腐ってしまうと家の寿命にも大きく関わりますし、しかも家の壁の内側に結露が発生しやすいと、それだけ腐食しやすいことを意味します。実は、断熱性の高い家ほどこの結露が発生しやすくなっています...

クレバリーホームで二世帯の家は作りやすい?現代では二世帯住宅を作る人も増えていますが、クレバリーホームでも専用プランを用意しています。クレバリーホームの二世帯プランは「円居」と呼ばれており、各世帯スペースと共同スペースを上手く融合した住宅になっています。ベランダなど家族がそれぞれ交わるスペースなどを設けているのが大きな特徴で、二世帯住宅の中でも一部共有型の家に近いかなというイメージがありますね。デ...

クレバリーホームの単価は果たして安いのか?クレバリーホームでは坪単価を50万円に設定していますが、個人的には非常に安いなと思いますね。クレバリーホームではプランによってタイルをはじめから付けることができm、この50万円の中にはその金額もあらかじめ入っています。タイルは基本的にオプション扱いになっていることが大半であることを考えれば、かなりお得かなと思ったりしますね。また、このタイルは瓦に変更するこ...

ほぼ見積もり通りの価格でクレバリーホームは家が建つ?クレバリーホームは各ハウスメーカーと同じ形でしっかりと見積もりを取りますが、こちら料金がわかりやすい形になっているようです。ハウスメーカーでは標準的な価格や本体以外にも諸費用や税金だけでなく、オプション費用が掛かるようになっています。この価格の線引きがあいまいなハウスメーカーが多く存在していますが、クレバリーホームではしっかりと本体価格を提示して...

クレバリーホームではどのような木材を採用している?クレバリーホームは低価格ながら高品質の家を実現しており、その上で木材へのこだわりが強くなっているなと思います。クレバリーホームで採用されている木材は無垢のパイン材。このパイン材は北欧産のレッドパインで、確実な輸入ルートを確保していることもあって安定してこの素材を採用することができます。このパイン材は和風モダンの家に非常にマッチする素材で、クレバリー...

クレバリーホームにはどんなシリーズがある?クレバリーホームは坪単価50万前後にて、さまざまなシリーズを取り揃えて依頼者が望む住宅作りを実現しています。クレバリーホームのプランの中でも最も高単価になりがちなのがvシリーズ。vシリーズはクレバリーホーム自慢のタイルを標準仕様に採用しており、デザインに関してもずば抜けているのが最大の特徴かなと思います。少しグレードを落としてもいいかなという人向けにはcx...

一条工務店とクレバリーホームの違いは何?クレバリーホームを坪単価から考える際、同じぐらいの金額で家を建てられる一条工務店と悩む人も多いのではないかなと思いますね。金額は同じぐらいでもこの2社はコンセプトが全く違っており、一条工務店は機能性重視でクレバリーホームはデザイン重視というイメージがあります。一条工務店は日本のハウスメーカーの中でも特に断熱性能にこだわりを見せており、冬場でも床暖房さえあれば...

注文住宅としてのクレバリーホーム!家を建てるときに多くの注文住宅メーカーを見ると思いますが、クレバリーホームの魅力といえばやはり「お手頃感」かなと思ったりします。クレバリーホームは新昭和がフランチャイズ形式で展開するハウスメーカーで、坪単価で見れば50万円前後となっています。30坪の家を建てれば単純計算で本体価格は1500万円前後となり、諸費用を足していけば2000万円ぐらいになる計算かなと思いま...

地震に強いのがウリ!クレバリーホームの特徴クレバリーホームは坪単価50万円ながら、地震に強い家作りを行っているのが印象的ですね。その秘密がプレミアム・ハイブリッド構法と呼ばれるもので、これは2つの構造を組み合わせた建築方法となっているようです。プレミアム・ハイブリッド構法に採用されている構造の1つであるSPG構造は、1階と2階を柱によって一体化することにより、揺れに強い家を実現しています。さらに、...

クレバリーホームではフローリングの種類も豊富!クレバリーホームは標準的な家を目指していながら、タイルをはじめ非常におしゃれな家作りを目指しているイメージがありますね。その中の1つにはフローリングも含まれており、非常にバリエーションが豊富なイメージがありますね。お店によって展示場などがあればサンプルが多く置かれており、そのカラーバリエーションは6種類以上にも及ぶようです。また、プランによっては内装プ...

窓のデザインを考えられるクレバリーホームクレバリーホームはタイル張りの家を低めの費用で建てられるハウスメーカーとなっており、窓に関してもデザインをしっかり決められるようですね。窓については家を建てる前はそこまで気にしない要素かもしれませんが、実は家のイメージを大きく左右するパーツの1つ。窓は大きさと多くの種類があり、それによって内外のイメージが変わってきます。また、付ける位置によって採光や通気も変...

洗面所はスッキリさせたい!アイデア収納術をクレバリーホームが実現!洗面所は洗顔材や歯ブラシ、タオル、さらには整髪剤など置くものでいっぱい。女性となれば化粧品の数々がところせましと並び、収納スペースがないと困ってしまうのではないでしょうか。そんな洗面所は家を作る際、こだわって作りたい部分の1つに入ってくるかなと思います。クレバリーホームでもそうした要望を叶えるため、洗面所を含めサニタリーは収納できる...

断熱性が並かも?クレバリーホームの住み心地とは家の住み心地を計る指標としてよく使われるのが、断熱性能ではないでしょうか。断熱性能が高いと家の温度が一定に保たれることで、ストレスなく過ごせるようになるかなと思います。そんな断熱性能に依頼者が注目する中で、クレバリーホームをはじめ多くのハウスメーカーでも力を入れている要素の1つです。クレバリーホームでも断熱性を高めるためにグラスウールなども導入していま...

そもそも、家を建てるなら、自由設計とセミオーダーの家、どっちがいいの?住宅ハウスメーカーを決める際に、まず悩むのが自由設計とセミオーダーのどちらのメーカーにするかという部分ではないでしょうか。自由設計は間取りだけでなく家の外観や使う部材、窓の位置などあらゆる部分を依頼者が自主的に決めていくスタイルとなります。セミオーダーはハウスメーカーが用意しているプランに沿って、間取りや窓など部分的に依頼者が決...

最近のハウスメーカーは和室を見直したプランが多数!家を建てる際、個人的に付けておきたいなと思うのが和室です。畳の上にごろんと寝転ぶのは開放感があり、畳の程よい柔らかさはソファとは違ったリラックス効果を持っていなと思いますね。そんな和室は以前だと使わない不要な部屋と見られがちでしたが、クレバリーホームをはじめ現代的な和室を実現しています。クレバリーホームでは和室を多目的な使えるスペースとして提案して...

和風な家にこだわるクレバリーホーム、外構のクオリティも高い!家の外観イメージに大きく関わってくる外構。最近ではエクステリアという呼ばれ方もしており、庭だけでなく塀や駐車場などを含めた部分が外構となってきます。この外構は基本的には家を建てた後に金額が決まることもあり、ちょっと費用を抑えたいと思う人もいるかと思いますが、できれば帰ってきたくなる外構にしたいですよね。たとえば、クレバリーホームは和風テイ...

リフォームブームの到来!特に多い案件は?現代では長期的な不況と土地価格の高騰が重なり、新築住宅を購入する人が減っているようです。その一方で空き家をはじめとする中古住宅が非常に多くなっている背景もあり、家を安く買ってリフォームするという発想を持つ人が非常に多くなっています。全国でフランチャイズ形式で展開するクレバリーホームでも新築だけでなくリフォーム事業を行っているところを見ると、それだけ需要が多く...

クレバリーホームの中古は少ない!価格もバラバラクレバリーホームは新築の家を建てるハウスメーカーですが、不動産によっては中古物件も扱っています。この中古物件は実際に住んでいた人や売れ残った建売住宅になってきますが、その数はあまり見かけませんね。扱っている会社自体が少ないのかもしれませんが、そもそもクレバリーホーム自体が中古物件を扱っていないことにも理由があるかなと思います。また、中古物件とは言っても...

玄関作りに定評がある!クレバリーホームのおしゃれの秘密クレバリーホームはタイルを標準仕様に採用している珍しいハウスメーカーで、外観は非常におしゃれなイメージがありますね。ですが、外観だけでなく内装にもかなりこだわりがあり、特に玄関作りにはこだわれるイメージがあります。クレバリーホームのモデルハウスでも広々とした玄関が非常に印象的で、まるで土間のような広がりがあります。玄関に広さがあると靴の脱ぎ履き...

クレバリーホームは機能面で見ると安いと感じる?ハウスメーカーの価格の感じ方は人それぞれかと思いますが、個人的にクレバリーホームは非常に安いと感じられるハウスメーカーだと思います。クレバリーホームは坪単価50万円ながら標準仕様でタイルを付けられるプランを用意しており、それなりに自由度も高いのが特徴かなと思います。プランの豊富さもさることながら、各プランで吹き抜けや玄関、間取りもある程度は決めることが...

http://www.cleverlyhome.com/product/shufule/女性目線で作られた「シュフレ」はクレバリーホーム自慢のプラン!クレバリーホームはタイルを標準仕様にしたプランなどを輩出していますが、その中でも人気なのが「シュフレ」ではないでしょうか。シュフレは主婦目線で作られた機能性の高い家で、家族が集まって会話をしやすいリビングの間取りや、家事を効率よく行える家事動線を意識...

⇒ クレバリーホーム「家族の笑顔があふれる、おひさまリビングの家。」家族の数だけリビングがある!クレバリーホームは自由度が高いリビングは家族が集まる場所であり、家を作る際に力を入れる部分の1つではないでしょうか。リビングの使い勝手が悪いと家全体の使い勝手も悪くなってしまうイメージがあるので、この辺りはしっかりと相談して家族全員が使いやすい場所にしたいですよね。そんなリビングですが、クレ...

快適な家にしたいなら全館空調は必要?家を常に快適な空間にしたい場合は、やはり全館空調が必要と考える人が多いのではないでしょうか。全館空調はエアコンと違って常に家の温度を安定に保つための設備で、夏・冬に関わらず部屋の温度が均一な状態になります。温度が均一になるため体に掛かるストレスも少なく、さらにヒートショックも起こりづらくなるため年配の方でも安心した生活が送れます。クレバリーホームで導入するにして...

木造住宅でも鉄骨に負けない強度を持っている!クレバリーホームは木造住宅となっており、鉄骨プランは採用していません。それにもかかわらず耐震性の高さをかなりプッシュしているところがありますが、実際にどれぐらい高い強度となっているのでしょうか。クレバリーホームはツーバイフォー工法を元にした構造となっており、通常の木造住宅の構造に比べて高い強度を誇っています。さらに、各グリッドに通し柱を採用することでバラ...