このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
クラッソが進化した、『ザ・クラッソ』その価格は?

『クラッソ』は、TOTO株式会社が2010年に発売したシステムキッチンです。

 

今年の8月、6年ぶりにフルモデルチェンジした『ザ・クラッソ』が発売されました。

 

昔は、「キッチン=料理をする場所」として家の中でも独立した空間でした。

 

現在では、キッチンとリビング、ダイニングを一体化させている住まいも多いですよね。

 

そこで、TOTOもキッチンとリビングの調和を考え、かつデザインン性の高いキッチンを可能にしたのです。

 

TOTOのサイトで、『ザ・クラッソ』の希望小売価格はI型2550mmのおすすめパッケージが125万2600円~、クリスタルパッケージが152万2500円~となっています。

 

組み立て費は別途かかりますので、気になる方は問い合わせしてみてくださいね。

 

ザ・クラッソの評判がすこぶる良い理由

2016年8月に、システムキッチン「ザ・クラッソ」が発売されました。

 

「美しいだけのキッチンなんて、TOTOは作らない。」

 

というコピーはとても印象的ですね。

 

コンセプトが「美しさ」と「機能」の融合というように、デザイン性の高さと使いやすさを兼ね備えています。

 

中でも、評判が高いのがカウンターです。

 

クリスタルカウンターは透明な素材に柄が入っているのです。

 

柄の「木漏れ日」と「霞」はいずれも自然が織りなす美しさが繊細に描かれています。

 

単なる作業台とは言わせない、それほどの存在感がありますね。

 

クリスタルのほかに、上品な人工大理石、シンプルなステンレスもあります。

 

キッチンを自慢したくなること、間違いなしですね。

 

「ザ・クラッソ」を格安に手に入れるために

TOTOのシステムキッチン「ザ・クラッソ」は、デザイン性も良く、主婦目線の使い勝手の良さで人気があります。

 

注文住宅や建て替えで、新たにキッチンに手を入れる場合にはぜひ「ザ・クラッソ」を導入したいものです。

 

TOTOのサイトでは「キッチンプランナー」でプランニングができます。

 

キッチンの形、プラン、食器乾燥機の有無、シンクやコンロの並び方、間口の選択を選ぶと、自動的に本体価格が算出されるのです。

 

格安で手に入れるために、まずは基本的な価格を知ることが先決ですよね。

 

仕様変更、カラー変更なども自由にシミュレーションできるため、自分の家のキッチンをどのようにしたいのか、ゆっくり考えながら選んでみましょう。

 

クラッソを最安値で手に入れる

「どうしてもTOTOのクラッソがいい」という意思が固いのであれば、いかにして最安値で手に入れるかを考えなくてはいけませんね。

 

「クラッソ 最安値」でネット検索すると、施主支給業界実績No.1のホーム・デポという会社が見つかります。

 

堂々と「クラッソが業界最安値で手に入る」と謳っているところに自信を感じますね。最大で80%OFFになるというのは、かなり魅力的です。

 

安いのはもちろん、さらに10年延長保証というアフターサービスまでついているのです。

 

利用者数が既に50,000人を超えている実績にも納得ですね。

 

本当に最安値で引き受けてもらえそうなのか、一度、検討してみる価値はありますよね。

 

「クラッソ」の値引き率

TOTO「クラッソ」を施工した人の口コミによると、他のメーカーと比べて値引き率はさほど良いものではなかったという声が多く見られました。

 

最も多かったのは、施工費を除いた本体価格の値引きが45~50%程度というものです。

 

別の選択肢は、施主支給での購入です。

 

施主支給とは、自分で住宅設備機器を直接購入して、ハウジングメーカーや工務店、リフォーム会社などに支給して取り付けてもらうことです。

 

施主支給のメリットは、業者が取り扱っているメーカー以外でも自分が気に入った製品を選べることと、中間マージンがいらないため、その分安く購入できます。

 

見積もりの値引き率では予算オーバーしてしまう、でもどうしても「クラッソ」にこだわりたいという方は、施主支給を検討してみるのも一つの手ですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

↓の記事も読むとクラッソを120%活用できます。

ザ・クラッソの収納力に、脱帽!TOTOのシステムキッチン、「ザ・クラッソ」の魅力の一つは収納力です。キャビネットの収納が、シンク用、調理スペース用、コンロ用とエリアごとの仕様になっています。シンク位置上部の小物ポケットには栓抜き、缶切りなどが収納できます。下段の引き出しは2段になっていて、使用頻度の高いものは手前に置けます。シンク、調理スペース、コンロと居場所に応じて、使いたいものが瞬時に取り出せ...

クラッソの色は選り取り見取り!TOTO「クラッソ」の魅力は、なんといっても、豊富なカラーバリエーションです。ナチュラルな木目柄、明るいホワイト・ライトグレー系、シックなブラック・濃色系、クールな寒色系、ほんわりとやわらかい暖色系など、全58色の中から選べるので、どの色にしようかと迷いますよね。この中から「自分の好きな色」だけではなく、床や壁、天井の色や、冷蔵庫などの家電、部屋全体の雰囲気と合うかど...

クラッソの食洗機は使いやすい!TOTOのシステムキッチン「クラッソ」は、とにかく使いやすいと評判です。中でも、食洗機は絶対に外せないマストアイテムだと思っている方も多いですよね。当然、クラッソも力を入れています。いちばん人気があるのは、食器洗い乾燥機R(フロントオープン・通いかご)です。通いかごは、シンクにセットすれば水切りかごにできます。さっと予洗いした食器を通いかごにまとめて入れておいて、その...

システムキッチンの老舗クリナップでのリフォームをおすすめする理由システムキッチンをリフォームするとき、どのメーカーさんにしようか悩まれたときはクリナップをおすすめしたいと私は思います。クリナップはキッチン作りの老舗店の1つで、確かな安心感を得られるメーカーになっています。クリナップのキッチンの特徴は、なんといってもステンレス製のキッチン。このステンレスですが、実は湿気を寄せ付けない作りになっており...

システムキッチンにおける食洗器、価格はどれぐらい?システムキッチンではコンロやシンク周りだけでなく、食洗器にこだわりたい人もいるかと思います。食洗器をシステムキッチンに取り付ければ、女性の天敵ともいえる手荒れを未然に防げると共に、食器を洗う時間を大幅にカットできるのが魅力になってきます。食洗器には据置型といって、キッチン周りのどこかに置く形のタイプがあります。費用は約5万円から8万円ほどでリーズナ...

システムキッチンの食洗機、おすすめはこのメーカーだ!今やシステムキッチンには標準装備になってきている食洗機。従来の据置型はキッチンスペースを圧迫するかもしれませんが、システムキッチン内に取り付けるビルドイン型の食洗機はスペースも取らず便利なアイテムとなっています。そんな食洗機ですが、日本では国内シェアトップとなっているパナソニックが個人的にはおすすめかなと思います。パナソニックは数々の食洗機の中で...

食洗機を付けるならばビルトインタイプがおすすめ!私が抱く食洗機のイメージは、あまり汚れが取れず設置するだけのメリットがあるかなというイメージを持っております。また、据置型ではキッチンのスペースを取ってしまうので、無理してまで置くことは考えないですね。しかし、今ではキッチンの中に食洗機を取り付けてしまう「ビルトイン型」が存在しています。ビルドイン型の食洗機ならば、キッチン下のシンクなどの部分に取り付...

システムキッチンに取り付ける食洗機、浅型と深型のどちらがいい?システムキッチンに取り付けるビルトイン型の食洗機ですが、大きく違うのは浅型と深型のどちらを選ぶかという点になってくるかと思います。浅型は一般的に、4~5人分の食器を入れられるだけの容量を持つ大きさです。これに対して深型は、6人家族分の食器を十分入れられる大きさになっているようです。実は、大きさや容量だけでなく、深型の食洗機は鍋やフライパ...

システムキッチン内の食洗機は定期的に掃除しましょう!システムキッチンの中に取り付けるビルトイン型の食洗機ですが、洗浄力が大きく向上していると同時にスペースを無駄にしないのが魅力かなと思います。そんな食洗機ですが、つい性能に頼って頑固な汚れが付いた食器を容赦なくつっこんでいると、あっという間に食洗機内が油汚れなどで大変なことになるようです。汚れの大小にかかわらず定期的な掃除は必要になってきますが、特...

TOTOの「クラッソ」ではレンジフードの掃除を推奨しています!TOTOは使いやすいキッチンなどを作っており、非常に人気のあるメーカーとなっています。施行するにも値段はお手頃な上、使い勝手もいいので個人的には惹かれるメーカーさんの1つですね。そんなTOTOが発売しているクラッソですが、実はレンジフードのお手入れについてホームページなどで推奨しています。掃除が面倒なレンジフードについて丁寧に説明してい...

クラッソとアミィが比較対象になる理由システムキッチンのクラッソとアミィは、よく比較されるキッチンとなっているようです。この2つが比較対象になってくるのは、実はお値段がほぼ同じぐらいになっているから。価格帯としては約170万円ほどになっており、どちらも使い勝手がいいということもあって悩む人が多いとのことです。クラッソはTOTOから販売されるメーカーで、きれいなクリスタルカウンターや使いやすい水栓回り...

TOTOだからできる! クラッソが実現した「除菌水」とはTOTOは水回りを開発するのに長けたメーカーですが、システムキッチンにおいても同じです。水栓の開発は他のメーカーに比べても群を抜いて開発が進んでいるなと感じることができますが、その中でも除菌水は他社にはない機能かなと個人的には思います。除菌水は別に薬品が入った水を使ってきれいに食器などを洗うのではなく、電気分解を利用して除菌作用のある水を生み...

システムキッチンはクラッソとラクシーナならばどっちがいい?家を新築する際や平屋などにリフォームするとき、新しいシステムキッチンにも期待に胸が膨らむところですね。そんなシステムキッチンは各メーカーごとで特徴が違ってきますが、その中でもクラッソとラクシーナで迷われる方もいるとのことです。この2つで迷われる方が多いのは、どちらもデザイン性に富んだものになっているから。クラッソのクリスタルカウンターは見た...

システムキッチンに食洗器を後付けにするには、どれぐらいの費用がいる?システムキッチンにビルドイン型の食洗器を後付けするには、それなりに費用が必要となってきます。本体価格だけでなく工事費用として、約4万円から6万円ほどは用意しておいたほうがいいでしょう。また、食洗器を取り付けるためには給排水用の配管工事も必要となってくるため、この辺りの状況により費用が前後するようです。基本的には、食洗器とセット価格...

クリナップのシステムキッチンに付いている食洗機の性能は?クリナップではシステムキッチンを販売していますが、こちらでもビルドイン型の食洗機があります。一番の特徴は、汚れを落としやすい水流を生み出すシステムと、バイオパワー除菌と呼ばれる機能です。高圧水流を用いて食器を洗い、どんな汚れでも落としてしまう機能になっています。また、クリナップ専用の洗剤に含まれる洗浄酵素・漂白成分によって汚れも落としやすくな...

食洗機をアウトレットで購入するのは得なのか?今では食洗機の洗浄能力は向上しており、特にビルトイン型の進化は目覚ましいものがあると私個人は思います。昔の据置型の食洗機では場所を取る上、そこまで食器を洗えないイメージがありますが、キッチンの中に取り付けることができる食洗機ならば、洗い残しを出さずきれいに仕上げることができるようです。今では食洗機の種類も豊富に出ており、アウトレット品も出回っています。ア...

引っ越しの際、食洗機はどうすればいい?今ではシステムキッチンに、ビルトイン型の食洗機を設置している人も多いのではないかと思います。ですが、引っ越しの際はそのままキッチンを運ぶことはできず、まだ新品に近い食洗機もそのままにして引っ越してしまう方もいるでしょう。しかし、食洗機は取り外して、引っ越し先のキッチンに取り付けることができるのです。今では引っ越し業者が食洗機を取り外し、新しい新築の家でも使うこ...

最終更新: 2019年10月1日目次家庭用食洗機の購入がもったいない!そんなときはレンタル体験口コミ評価高め!Jaimeno食洗機ってどうなの?似たようなサイズの食洗器を購入する場合の費用は?システムキッチンに取り付ける食洗機、大容量にするメリットは?ビルトイン型の食洗機をシステムキッチンに入れるデメリットは?【まとめ】なければないでも困らない?まずはお試しするもヨシ!マイホームを購入するにあたっ...

システムキッチンに取り付ける食洗機で気を付けたいのは音です!今時、システムキッチンの取り付けやリフォーム時にビルトイン型の食洗機が無ければ、格安で取り付けることができる時代となっています。洗浄力はもちろん、食器を洗う時間を大幅に短縮できるのは大きな特徴かなと思いますね。私も新築時やリフォームをする際、システムキッチンを一緒に替えて食洗機を取り付けたいかなと思いますが、選ぶ際に気を付けたいことがあり...

システムキッチンから変な臭いが!その原因、食洗機かもしれませんたまにですが、システムキッチンから臭いがしてくることがあるようです。その臭いは排水溝や三角コーナーではなくて、実はキッチンに付けてある食洗機が原因かもしれません。食洗機は汚れをきれいに落としてくれる道具ということもあり、汚い食器をそのまま突っ込んで洗ってしまうことも多々あるようです。しかし、あらかじめ洗わない食器をそのまま突っ込んでしま...

TOTOのクラッソ、便利なキャビネットがウリになっています!TOTOは水栓回りを作るメーカーですが、システムキッチンのクラッソも人気商品となっています。その人気の秘密に、使いやすいキャビネットにあるのではないかなと個人的には思っています。クラッソのキャビネットですが、引き出しを1つ開けると中にも中腰辺りに引き出しが存在し、それぞれ独立して開くことができるのです。下の段には鍋など重いものを収納し、中...

TOTOのクラッソとリクシルのアレスタ、選ぶならどっち?システムキッチンを販売しているメーカーは多数あり、各メーカーにおいて特徴がまったく違います。その中でもTOTOとリクシルはよく選ばれるメーカーになっており、各メーカーで人気のシステムキッチンがクラッソとアレスタになってきています。クラッソはクリスタルカウンターをウリにしており、見た目と共に強固な素材が一番の特徴になっています。また、アイランド...

クラッソのシンクは水回りメーカー老舗ならではの発想が満載!クラッソはアイランドキッチンや標準仕様にて施工してもらう人が多いほど、デザインと共に機能面のバランスがいいキッチンになっています。特に、私がクラッソですごいなと感じたのが「スクエアすべり台シンク」という機能かなと思いますね。スクエアすべり台シンクとは、シンクの底がちょっと浅めに作られており、名前にある通り長方形型のシンクになっているものです...

ザ・クラッソなどシステムキッチンの扉の色は部屋のイメージを大きく左右するもの。ですからザ・クラッソは扉に60色という豊富なバリエーションを用意しています。これならば、好みのインテリアとコーディネイトも可能になるのです。部屋のムードを左右する、キッチンの扉システムキッチンの扉のカラーは、キッチンの大きな面積を占めるもの。それだけに、部屋のムードを大きく左右します。特に平屋建ての場合、システムキッチン...