住宅ローン控除が廃止?制度が無くなる前に建てたい、いつまで大丈夫?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

住宅ローン控除はいつもらえるのか住宅をローンにて購入した人ならば、ほとんどの人が利用しているであろう住宅ローン控除。住宅ローン控除を利用すれば最大で40万円もの控除を10年に渡って受けることができるのでぜひ利用したいものですが、色々と作業が必要になってきます。滞りなく作業をして2月からはじまる確定申告の申請に届けておくと、予定通り3月辺りに還付金がもらえます。確定申告になれない人は億劫かもしれませ...

住宅ローン控除の注意点住宅ローン控除は家をローンで購入した人が受けられる控除となっており、購入前からかなり質問が多い項目の1つのようです。たしかに10年間にわたって最大で40万円もの還付金がもらえるとなれば使わない手はないですが、同時に注意点もあります。住宅ローン控除の年末残高の上限金額は4000万円となっており、この金額の1%が還付金としてもどってきます。そのため最大で40万円がもらえるという計...

中古住宅で住宅ローン控除を受ける場合は条件はある?中古住宅と聞くと、新築に比べて劣化が激しい部分がある分価格も下がっているというイメージを抱くかと思います。その事実は否めませんが、最近では空き家の増加もあって中古住宅の価値が上がりつつあり、さらに最近では未使用の分譲が型落ちという形でほぼ新品の状態で購入できるケースもあります。こうした事例もあって中古住宅の価値は底上げされており、住宅ローン控除も普...

住宅ローン控除はローン残高によって還付金が変わります!住宅ローン控除を調べていると、まず「最大で40万円が毎月返ってくる」という情報に目を奪われるかもしれません。しかし、住宅ローン控除によって返還されるお金は残高によって変わり、きちんと条件が決められています。住宅ローン控除によって返ってくるお金はローン残高の1%が返ってくるようになっており、その上限控除額は4000万円となっています。4000万円...

単身赴任となった場合、住宅ローン控除は受けられるの?住宅ローン控除は10年間に渡ってローン残高を元にした還付金を受け取ることができる制度となっており、基本的に居住し続けている家について控除が認められます。そのため、単身赴任など一時期購入した家などから離れる場合はどうなのか不安になるところですね。たとえば、ローンを主に支払っている人だけが単身赴任となり、家族が家に残っている場合は基本的に住宅ローン控...

住宅ローン控除を夫婦で受けるメリットはあるの?住宅ローン控除は11年間にわたって支払っている税金から還付を受けられる、非常にありがたい制度となっています。住宅をローンで買った人の多くが利用しているかと思いますが、この控除は夫婦で申請した場合でも利用できるとのことです。具体的に住宅ローン控除を夫婦で申請するメリットとしては、それぞれ別々に組んでも住宅ローン控除を受けられるという点でしょうか。それぞれ...

住宅ローンを夫婦合算で申請するデメリットってあるの?家を購入する際は大半の人が住宅ローンを組むかと思いますが、どうしてもローン金額を増やしたり審査に通りやすくしたりするために夫婦合算で挑む方もいるかと思います。収入を夫婦合算にすればそれだけ年収額を増やせるため、ローンの上限を引き上げることが可能となります。これは非常に大きなメリットかなと思いますが、上限が増えるということはそれだけ返済すべきお金も...

初年度に住宅ローン控除の申告漏れしたらどうすればいい?住宅ローン控除は自分で借り入れしたローン残高を元に、年に1回還付金を受け取ることができます。初年度に関しては自営業だけでなくサラリーマンや公務員の人でも確定申告をしておく必要があり、つい申告漏れをしてしまう人もいるかと思います。初年度に申告漏れをしてしまうと2回以降もできないかと思いがちですが、住宅ローン控除はルールとして5年までならば遡って申...

住宅ローン控除を初年度に受ける場合、必要な手続きは?家やマンションをローンを組んで購入した場合、住宅ローン控除を受けることが可能です。この制度を利用すれば10年に渡って住民税や所得税から控除を受け、還付金という形で一部のお金が返ってくるのでぜひ利用したいところ。しかし、住宅を購入してから初年度に住宅ローン控除を受けたい場合は、サラリーマンや公務員の人でも確定申告の手続きを行う必要があります。住宅ロ...

住宅ローン控除を申請した初年度の還付時期は?住宅ローン控除を申請すれば還付金が送られるのですが、初年度でかつ確定申告が初めての人はいつ送られてくるかドキドキするものですね。一般的には、住宅ローン控除とはいえ確定申告と同じ処理となっているので、還付時期は3月末から4月の間が多いみたいです。しかし、確定申告の準備に戸惑って期間ギリギリになってしまった場合は、税金の計算が後にずれこんでしまうので、還付時...

育休中でも住宅ローンは組めるのか住宅ローンは申請者の収入をはじめ、あらゆる状況を鑑みた上で確実に返済できるかどうか見極め、大丈夫と金融機関に判断されれば審査が通ります。なにか不安要素があれば審査から弾かれてしまうこともあるのですが、その中には育休中ということで不安に感じる人もいるでしょう。もし夫婦合算で住宅ローンを申請する場合、妻が育休中の場合はタイミングによっては注意が必要とのことです。たとえば...

年収500万円で住宅ローンを頭金なしで組むのは非現実的?住宅ローンを組む指標となる年収ですが、500万円もあれば最大の借入額は約4900万円程度と言われています。これはあくまでも借りられる額で、現実的に月々返済できるお金で考えると、2800万円ぐらいが現実となってくるようです。年収500万円で借入額が2800万円もあれば、本体価格が2500万円ぐらいの家も購入できるので、それを考えると十分かなと思...

年収500万円で住宅ローンを組むといくらまで借りられる?住宅ローンは各年収ごとにおおよその借入額を予測できるようになっており、年収500万円であれば最大で約4900万円程度までは借りられる計算となっています。しかし、この金額は限度額にほぼ近い額まで借りることを想定しており、月々の返済額に直すと約13万円にもなるので、現実的な住宅ローン計画とは言えないかなと思います。そこで、返済負担率などを減らして...

年収400万円で申請する住宅ローンで頭金なしは無謀?一生を左右する可能性の大きい住宅ローン事情においては、やはり年収額からどれぐらいの費用を借りればいいのか悩んでしまうものです。現代では平均年収400万円とちょっとと言われており、400万円に乗っていればおおむね少ないということはなりでしょう。しかし、年収400万円で住宅ローンを借りようと思うと、現実的な金額としては1000万円から1500万円程度...

年収400万円で住宅ローンを組む場合、いくら借りられるのか住宅ローンを組む上で気になってくる内容の1つが、年収ごとの上限借り入れ額ではないでしょうか。いくらマイホームが欲しくても年収に見合わない借り入れ額を申請してしまうと、審査落ちになってしまうということも珍しくありません。たとえば、年収400万円ならば上限はおよそ3000万円となっていますが、これはフルローンにした場合です。現実的な額としていく...

家のローンが払えない場合、一体どうなるの?家のローンは月々8万円から10万円ほど支払うのが多いかなと感じるのですが、もし支払えない場合はどうなるのかわからないものです。家のローンは支払えないとすぐに立ち退きや催促を迫られると思う人も多いようですが、実際のところそんなことはありません。住宅ローンには支払いの猶予期間があり、3か月から1年の間ならば待ってくれます。しかし、金融機関側も支払いが滞っている...

住宅ローンは何年まで借りることができるの?住宅ローンは借りる際に何年の期間で返済するのかという「返済期間」を決めます。この期間によって月々の返済金額が変わってきますし、トータルの住宅ローン金額にも影響を与えてきます。返済期間が長ければ長いほど月々の返済額を減らすことができ、一般的には「フラット35」のように35年間で完済を目指すのが多くなっています。また、フラット35だけでなくフラット50のように...

住宅ローンを一括返済したい!そのメリットとは住宅ローンを支払っていくと同時に、資産を作っていけば一括返済できるチャンスがやってきます。残り少なくなった住宅ローンを一括返済するという選択肢は割とありかなと思うのですが、具体的なメリットとしては金利面がもっとも大きいのではないでしょうか。住宅ローンを借りていると少なからず金利が上乗せされますが、住宅ローンを一括返済すればその分だけ支払うお金が安くなりま...

住宅ローンで一括返済を求められる住宅ローンは毎月しっかりと返すように計画を立てて組まれるものですが、何らかの理由でお金を借りた銀行から一括返済を求められることもあるとのこと。もし住宅ローンの支払いが滞って締まった場合、はじめの一か月程度ならば催促状だけで済みます。しかし、これが3か月以上や半年と長期間にわたって住宅ローンの返済が滞ってしまうと、銀行側から住宅ローンの一括返済を求められるようになって...

住宅ローンの一括返済と税金問題住宅ローンの重圧からいち早くも逃れたいこともあって、繰り上げ返済を積極的に使うだけでなく一括返済をする人もいるかと思います。一括返済をすればそれ以降は住宅ローンに悩まされることはなくなるので、非常に魅力的ですよね。しかし、あまりにも早すぎると住宅ローン控除などの面で恩恵を受けられないだけでなく、所得税がいきなりドカッと請求されるなど税金面でのデメリットなども存在してい...

住宅ローンを一括返済する場合の注意点とは住宅ローンは一括返済すればローン残高を一気に無くすことができる上に、金利なども安くなるのでトータルで支払うお金も少なくできるのは大きなメリットかなと思います。多くのメリットがある一括返済ですが、やはり注意点も同時にあるみたいです。一括返済をすると住宅ローン申請時に加入した団体信用生命保険からも脱退することになるので、事前に新しい保険を探しておいたほうがいいか...

住宅ローンのボーナス払い、本当は損って本当!?住宅ローンの中にはボーナス払いを併用する方法があり、安定した仕事をしている人の中には併用を考えている人もいるのではないでしょうか。ボーナス払いを選択すれば月々の支払いを簡単にできるというメリットがあり、安心して返済できるのは大きな魅力になってくるかなと思います。ですが、トータルで見た場合は損をしてしまうこともあることを知っているでしょうか。月々の支払い...

自営業の人で住宅ローンが通りやすい銀行はある?自営業の人は住宅ローンの審査が厳しいと言われていることもあり、通りやすい銀行を少しでも慎重に選んでおきたいところだなと思います。自営業の人でも通りやすい銀行として人気があるのは、じぶん銀行の住宅ローンサービスのようです。申し込みから契約までネットで完結することができますし、一般団信とガン保障特約が無料になるなど、色々と特典が多いのも魅力かなと思います。...

自営業の人が住宅ローンに通らない最大の理由は?自営業の人は正社員の人に比べると、なにかと住宅ローンに通らないと言われます。その最大の理由は安定しない収入面かと思いがちですが、それよりも大きいのは収入に見合わない借入額にあるみたいです。一般的に住宅ローンの返済負担率は30%以内に設定することが多いですが、自営業の人がこの返済負担率をギリギリにしてしまうと落ちやすい傾向にあると言われています。どうして...

自営業の人が住宅ローンを組む場合、頭金は必須かも!?住宅ローンを自営業の人が借りようとすれば、正社員の人に比べると収入が安定しないこともあって審査は厳しいと言われています。また、借入額も所得が高いからといって十分な額を借りられない可能性もあり、なにかと厳しい現実が待っていそうです。そんな自営業の人が住宅ローンを借りる際、絶対に考えておきたいのが頭金でしょうか。頭金があれば借入額が大きい場合でも少し...

自営業者が住宅ローンを借りる場合の注意点は?住宅ローンを自営業者が借りる場合、正社員とは違って注意しておきたいことがあるかなと思います。まず、自営業者の場合は年収ではなくて所得で計算する点にあります。正社員の場合は単純に手取りの金額を計算した年収で計算しますが、自営業者の場合は税金や経費などを除いた純粋な利益だけで計算する必要があります。この計算をせずにローン申告していたといても金融機関がチェック...

住宅ローンが払えない場合、どうすればいいの?せっかく住宅ローンの審査に通って家を建てたにもかかわらず、どうしてもローンが支払えない状況が出てくるのではないでしょうか。特に、自営業者の場合は急な業績不振などのあおりを受けてローンの支払いが難しくなることも考えられますが、別にすぐ家が取り上げられるわけはないですし、ローンの解約という状況にもなりません。まず、払えない場合は契約した金融機関に相談するのが...

うつ病になっても住宅ローンを組む方法病気があると団体信用生命保険に加入することが難しいこともあり、基本的にこの保険に加入できなければ住宅ローンも組めないようになっています。そのため、うつ病と診断された人はこの保険に加入することが難しく、住宅ローンも泣く泣くあきらめなければいけないことになります。この対策として団体信用生命保険で義務となっている告知義務をしない方法があるなども紹介されていますが、結局...

住宅ローンに車のローンを上乗せはできるの?住宅ローンは多額のお金を借り入れすることもあり、よほど収入がなかったり無理な借入額を申請していたりすると審査が厳しいものとなります。また、車のローンなど別のローンがあると審査に影響することもあるようですが、これを避けるために人によっては車のローンを家のローンに上乗せする場合があるみたいです。本来ならばこうした方法はできないのですが、工務店や住宅販売会社が審...

住宅ローンに落ちた!まずは原因を考えてみましょう住宅ローンの審査はしっかりと準備さえしておけば通ると言われていますが、それでも落ちてしまう人がいることは現実です。「住宅ローンに落ちた!」といって今後ずっとお金を借りられないわけではないですし、やけになってあらゆる銀行に当たっても同じ結果を繰り返すだけの可能性があります。まずは落ちた原因を考えるべきかと思いますが、意外と多いのが指定信用情報機関(CI...

住宅ローンの審査に「落ちた」ではなく「落ちたい」人もいる!?住宅ローンの審査は念願のマイホーム購入のために、絶対受かりたいために申請する人がほとんどです。ですが、なぜかその重要な審査に「落ちたい」と考える人もいるみたいです。住宅ローンの審査に落ちたい理由として考えられるのは、一度契約した住宅ローンを解約したいのが主な狙いでしょう。住宅を見にいくだけの予定だったのに案外いい物件が見つかり、慌てて契約...

ネット銀行でも住宅ローン審査に落ちた!何が原因?ネット銀行は大手銀行をはじめ都市銀行よりも審査が緩いと言われていますが、こちらでも審査に落ちたという声があります。ネット銀行ならば通ると思っていたほど寝耳に水となりそうな事態ですが、そこは住宅ローンなので準備は整っていなければ落ちる者は落ちます。では、具体的にどのような理由が考えられるかといえば、仮審査がネットを介していることが最大の理由だとか。ネッ...

住宅ローンのオーバーローンってバレるの?住宅ローンを組む際に諸費用などが足りない場合、住宅ローンを少しだけ増やす「オーバーローン」を進められる場合もあるかと思います。オーバーローンは土地・建物代金より多くのお金を借りることで、保証料や諸費用などを住宅ローンと一緒に返済できるようにする仕組みのことです。こうしたオーバーローンについては銀行や条件にってバレる場合とバレない場合があります。たとえば、住宅...

便利そうな親子リレーローン、でも大きなデメリットもある!?住宅ローンの1つである親子リレーローンですが、個人的にはデメリットが大きくてあまり使いたいなと思うことはありませんね。親子リレーローンならば親と子供の2人が債務者となることで、借入額を増やすことができたりするのは確かにメリットです。しかし、もし子供が他の住宅ローンを組みたくなったとしても、事前に組んでいる親子リレーローンを解約して組み直すと...

住宅ローンを完済した平均年齢住宅ローンを組む際にしっかりと考えたいのが、完済年齢でしょうか。完済年齢が高くなってしまうと借り入れの年齢によっては審査が厳しくなりますし、あまり長く借り続けても住宅ローンが増えるばかりですし、なにより精神的にもいち早く楽になりたいものですよね。まず、住宅ローンの平均的な借り入れの年齢は約37歳と言われており、40代に突入するまでには家を購入していることになります。そし...

住宅ローンって完済したらやることあるの?住宅ローンを完済すれば長年の呪縛から解放されたような気分になって、あらゆる手続きが終わるかのように感じるものです。しかし、住宅ローンを完済したら最後にやることもあるようで、その代表的な手続きといえば抵当権の抹消手続きでしょうか。抵当権とは、金融機関と住宅ローンの契約を結ぶ際に、もし契約者が住宅ローンを支払えなくなった際に金融機関が住宅を処分できるように担保と...

完済目指して利用したい繰り上げ返済のメリットとは住宅ローンについては各々の計画があるものですが、やはり早めに返済できるのに越したことはないのでないでしょうか。そんな返済をできるだけ早めてくれるのが繰り上げ返済です。繰り上げ返済は資金に余裕がある際に、住宅ローンの元金を通常の返済額に加えて多めに支払うことで、住宅ローンの総額を減らしたり返済期間を縮めたりできる制度です。この制度を利用すれば住宅ローン...

住宅ローンの完済後に必要な手続き住宅ローンの完済後はお祝いでもしたいところですが、その前に抵当権の抹消手続きだけはしておきたいところかなと思います。抵当権とは、簡単にいうと住宅ローンを借りた契約者の家を銀行が担保にできる権利のこと。銀行側としても住宅ローンを踏み倒される訳にはいかないので、もし契約者が住宅ローンを支払和内容になった際に、その家を差し押さえることで競売にかけ、貸したお金を回収すること...

住宅ローンの金利は簡単に下がらない!その理由ってあるの?住宅ローンをどの銀行で組むのか決める際、判断基準の1つとなってくるのが金利事情ではないでしょうか。できるだけ低金利のプランを扱っている銀行を選びたいところですが、どこを比べてみても変わらない場合もあるかと思います。また、窓口などで「金利は引き下がりますよ」と言われても、一向に下がらない経験をした人もいるでしょう。実は、金利の引き下げが行われて...

住宅ローンの金利引き下げ交渉をする際のポイントは?住宅ローンの金利は下げられないかと思いがちですが、交渉の内容次第では引き下げに応じてくれる場合もあるみたいです。まず、狙いたいタイミングとしては借り換えでしょうか。借り換えをする際に他機関での事前審査と現在の金利状態などを比較して見せると、契約している銀行が金利の引き下げを行うか、別のお得なプランへの切り替えを進めてくれる可能性が高くなります。また...

住宅ローンを組むなら10年後の金利はどうなっているのか予想して動きたい住宅ローンにおいて金利事情に配慮しておきたいところですが、やはり専門職として扱っていない限りはあまりわからないというのが正直なところかなと思います。いざ契約する際に「どうしても変動金利がいい」と決めていたとしても、やはり窓口担当の人の言いなりになったりして固定金利にする人も多いとか。ですが、せめて10年後あたりまでは自分で予想し...

住宅ローンの金利が急に上昇!?そのリスクは?住宅ローンの金利については固定金利と変動金利の選択に迫られることになるかと思いますが、低金利であるために変動金利を選ぶ人も少なくないかと思います。しかし、変動金利であれば上昇するリスクも当然含まれており、銀行側や私たちが考える以上に高くなってしまうことは考えられるのでしょうか。現在の変動金利は1%を切っており、稀に見る借り時ともなっているかと思われます。...

住宅ローンを無担保で借りることなんでてきるの!?住宅ローンを組む際は、自分が建てる家や土地を契約する銀行に担保として入れることではじめて融資してもらうのが一般的です。しかし、条件によってはこうした担保を必要としない無担保ローンだって組むことができるようです。無担保ローンとはその名の通り家や土地を担保に入れる必要がない住宅ローンで、抵当権などの履歴が残らない上に融資までの手続きがかなりスムーズに行わ...

無担保住宅ローンを使うメリットなんてあるの?通常の住宅ローンに比べて借り入れ額が少なく、期間も短いため使いづらさが目立っているのが無担保住宅ローン。こんな住宅ローンにメリットなんてあるのかと考える人がいるかもしれませんが、現在でも存在しているのはそれなりに使いどころがあるからです。無担保住宅ローンがもっとも使われるタイミングは、やはり住宅ローンを一定額以上支払った後の借り換えではないかなと思います...

住宅ローン金利の見直しを交渉したい住宅ローンにおいて、金利はトータルで支払う金額を左右すると共に月々の支払い額にも影響してくる大事な要素と言えるかと思います。とりあえず家を建てたい一心ではじめの審査時に契約したものの、やはり他機関と比べてみると高いなと思うことは多々あるかと思います。その際に借り換えなどを検討することもあるかと思いますが、契約している金融機関で金利の見直し交渉が成功すれば手数料など...

マイナス金利の場合、住宅ローンで選ぶべき金利は?マイナス金利とは日銀が施行する政策の1つで、金利を下げることでお金のやり取りができやすいような状況を作り、世の中にどんどんお金が出回るようにする政策です。このマイナス金利の状態ならば住宅ローンの金利においてもどんどん引き下げが行われるようになるので、2018年時点でも家を購入できるチャンスがあると宣伝されるわけです。特に、マイナス金利の場合だと変動金...

目次フラット35で見る住宅ローン金利の推移フラット35s、通常のフラット35と何が違う?フラット35の金利はほぼ横並びという予想3月動向から考えるフラット35の金利推移シミュレーションはどうのように行う?フラット35で見る住宅ローン金利の推移住宅ローンといえばまず「フラット35」を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実際のところ金利でみればどのような推移を辿っているのでしょうか。基本的に2010年...

目次住宅ローンを繰り上げ返済するメリット住宅ローンの繰り上げ返済って、結局ナニがお得なの?住宅ローンの金利上昇に備える住宅ローンは返済額軽減型のほうが楽なのか繰り上げ返済で発生する戻し保証料ってなに?住宅ローンを繰り上げ返済するメリット住宅ローンをできるだけ早く返したい人ならば、繰り上げ返済を積極的に使おうと考えている人も多いのではないでしょうか。繰り上げ返済をすれば住宅ローンの返済期間短縮や残高...

目次住宅ローンは頭金を多めに入れるのと、繰り上げ返済ならどちらがお得?住宅ローンの繰り上げ返済のタイミングはいつからがいい?繰り上げ返済はいくらから可能?月々1万円だけ多く返済、効果はある?退職金をあてにした住宅ローンの繰り上げ返済は危険繰り上げ返済の効果住宅ローンを早く完済したい人は繰り上げ返済の利用を検討しているかと思いますが、実際にどれぐらいの効果があるのか気になるところですね。では、実際に...

目次住宅ローンの繰り上げ返済にデメリットなんてあるの?手数料について経過利息とは繰り上げ返済をして住宅ローン返済した人が後悔していること住宅ローン控除のある10年間は繰り上げ返済を利用しないほうがいい?住宅ローンの繰り上げ返済を損なく使う方法夫婦でも贈与税が発生することがある!?早めにローン完済!火災保険は手続きが必要?住宅ローンの繰り上げ返済にデメリットなんてあるの?住宅ローンの繰り上げ返済はで...

住宅ローン控除が廃止になるって本当?家を建てる際はいかに税金やロローンを減らせるか考えたいものですが、その1つに住宅ローン控除制度があります。住宅ローン控除制度の正式名は「住宅借入金等特別控除」で、住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合は一定の期間内ならば毎年支払う税金から控除してくれる制度となっています。年間控除額は最高40万円となっており、控除期間は10年となっています。申し込んでおかな...

目次そもそも契約社員でも住宅ローン申請には応じてもらえるのか?契約社員が住宅ローン審査において本当に気を付けておくべきこと正社員にならないと住宅ローンは組めないのか「契約社員」も隠しても、ばれないのか隠し事をして、ばれたときはリスクしかない!契約社員なら住宅ローンはフラット35が無難そもそも契約社員でも住宅ローン申請には応じてもらえるのか?2018年になっても一向に景気がよくなるような機運は感じら...

最終更新: 2019年9月24日目次健康診断で「経過観察」と診断された際の影響健康診断が「再審査」、住宅ローンはどうなるのか住宅ローンの審査では健康診断の結果をきちんと言うべき!コレステロール値に問題がある場合高血圧は問題になるか中性脂肪が高い場合、住宅ローン団信に影響があるか糖尿病でもあきらめない!住宅ローンを借りるためにできること健康診断で異常があると確実に審査は落ちるのかメンタルの通院歴は審...

住宅ローンの団体信用生命保険と健康診断って関係あるの?住宅ローンを契約する際は団体信用生命保険への加入が義務となっていることが多く、この際に健康診断をはじめとする健康状態が求めれます。団体信用生命保険に加入する際は告知書を提出する必要があり、これは過去に大きな病歴がないか申告を求めるものとなっています。この告知書によって病気が判明したからといってすぐに落ちるわけではなく、収入などもトータル的に見た...