このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

高額なお買い物には値引きがつきもの。

 

住宅購入はその際たるもので、値引き交渉は当たり前とされています。

 

メーカーによってその値引き率は異なりますが、桧家住宅の相場はどのくらいでしょうか。

 

併せて、効果的な値引き交渉術もチェックしていきましょう。

 

「ある」と断定はできないものの、やはり消費者目線では期待してしまう「値引き」。

 

極端に高くもなく安くもない、業界では中堅どころな桧家住宅ではどの程度の値引きをしてくれるのでしょうか?

 

桧家住宅の値引きは本当に安くなるの?

桧家住宅はヒノキヤグループと呼ばれる住宅メーカー系列のグループ会社で、主に標準的な家を建てているイメージがありますね。

 

坪単価も40万円から60万円台となっており、ローコスト住宅と大手ハウスメーカーの間にあるようなイメージかなと思います。

 

桧家住宅はあくまで価格を抑えながら断熱性能が高くてエコな住宅を作ることに力を入れており、その点で見れば他社のローコスト住宅メーカーと比べれば性能が高くなっているかなと個人的には感じています。

 

その上。桧家住宅は値引きにも割と積極的に応じてくれるようになっており、2000万円台の価格から約300万円も引いてくれる場合もあるようです。

 

この数値はプランや条件によって違いが出てくるかと思いますが、これだけ値引きに応じてくれるのは素直に嬉しいところですね。

 

断熱が自慢の桧家住宅、金額はどれぐらい掛かる?

桧家住宅は坪単価40万円から60万円ほどのハウスメーカーとなっており、本体に掛かる金額としては標準的なイメージがあります。

 

坪数が40坪だったとしても、坪単価が50万円であれば単純計算して2000万円ほどになってくるので、きちんと予算を用意すれば買えない金額ではないかなと思います。

 

価格は標準的ながら断熱性能には力を入れており、断熱材としては発泡断熱材である「アクアフォーム」を採用したり、赤外線をシャットアウトする「アルミ遮熱材」を使用しています。

 

さらに、太陽光パネルも取り付けることができるようになっているので、ランニングコストで見てもお得になりそうです。

 

本体価格で見ても他社のローコスト住宅よりは性能が高そうなので、個人的には注目したいかなと思います。

 

桧家住宅の家は高いプランになっているの?

桧家住宅は坪単価が40万円から60万円の間で建てられるハウスメーカーで、決して安くはありませんが高いとも言いづらいメーカーかなと思います。

 

大手ハウスメーカーになると坪単価60万円以上となっているところが多いイメージがありますし、こちらのメーカーに比べれば圧倒的に安くなっているメーカーです。

 

また、ローコスト住宅の中には坪単価30万円から提供している場所もあるので、そこと比べるとちょっと高く感じてしまいますね。

 

しかし、桧家住宅は大幅な値引きも検討してくれるメーカーとして知られており、中には2000万円ほど値引きが行われたケースがあるようです。

 

また、充実した断熱性能を備えていることを考えれば、下手に坪単価30万円の家を買うよりは、桧家住宅の方が安く感じますね。

 

値引きの基準は支店によって様々

ただ、桧家住宅の値引きについては担当する支店によって対応がだいぶ違うようです。

 

個人の方のブログを参考にすると、この方は「桧家住宅で364万円値引きしてもらった(値引き率16.7%)」という情報を得て、これを元に値引き交渉に臨んだそうです。

 

しかし、担当の営業さんは「あり得ない!」と。

 

もともと手頃な価格設定で知られる桧家住宅ですから、値引きがなくてもおかしくないくらいです。(実際、タマホームは値引きをしないことで有名です)

 

それが、20%近い値引きをするというのは、社内規定はどうなっているんだろう?と心配になってしまう価格です。

 

このように営業所によって値引きの基準が異なるようですから、ネット上に上がっている値引き情報はあまり鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

 

ただ、ちょっと意外だったのは、この方は「桧家住宅の見積もりを利用して住友林業から200万円を超える値引きを引き出した」ということです。

 

住友林業といえば、坪単価は80万円超えもザラにある“高級”路線のメーカー。

 

桧家住宅とは相場も家づくりの路線も全く違うように思われます。

 

桧家住宅の見積もりを相見積もりとして提示したところで、鼻で笑われそうなイメージがありましたが、やはり値引きは支店/担当者次第なんだなということを改めて教えてくれるエピソードでした。
その他、競合になりそうなメーカーについてはコチラの記事で紹介していますのでぜひご覧になってみてください。

 

⇒ 桧家住宅の競合ハウスメーカーはどこだ!?

 

押してダメなら引いてみる。交渉成功のテクニック

これは住宅の購入に限ったことではありませんが、値引き交渉は言ってみれば「心理戦」です。

 

大前提として覚えていて欲しいことは、相手(住宅メーカー側)は家を売りたいと思っているということ。

 

売りたいのです。買って欲しいのです。だから値引きをするのです。

 

対して、私たちは買いたいわけですよね。

 

だから値引き交渉をする。

 

両者の利害は一致しているわけですから、値引き交渉がうまく成立しないのであればそれはコミュニケーションの問題とも言えます。

 

こちらのサイトでわかりやすく解説されていますが、値引き交渉に成功する人と失敗する人とでは、そもそもコミュニケーション能力に差があるようです。

 

⇒ 生活救急車「スムーズに値引きができる「交渉が上手い人」のテクニック」

 

「買いたい」という自分の意志を伝え、その上で「売りたい」という相手の気持ちも受け止める。

 

そして、合意に至るために必要な資料を提示して希望を伝える。

 

・・・これだけのことなのですから、あまり難しく考える必要はありません。

 

実際の体験から言えることですが、普通の会話をしてお互いの間に和やかな空気が流れていれば相手(メーカー側)は自然と「少し引いてやろうかな」という気持ちになるようです。

 

私は引越しも住宅購入も自分から値引きをお願いしたことは一度もありませんが、相手のほうから勝手に値引きをしてくれました。

 

引越しのほうは、業者側が明らかに「なんでこの人、値引き交渉してこないんだろう?」と訝しんでいるのが伝わってきましたが。

 

引いて欲しければあえてこちらが引いてみる。

 

そんなテクニックも試してみる価値はあるでしょう。

 

桧家住宅は安い上にお得なハウスメーカーです!

家を建てる際に避けられない予算との闘いですが、コスパで考えるのであれば桧家住宅がいいかなと個人的には思うところがあります。

 

桧家住宅は坪単価でみると40万円から60万円になっていますが、こちらの値段は坪単価30万円を下回るローコスト住宅メーカーに比べると安いとは言いづらいところです。

 

ですが、桧家住宅は坪単価50万円ながら高い断熱性能を有しているメーカーで、大手の断熱性能には勝てないところもありますが、長期優良住宅に認定されるだけの機能性は持っています。

 

また、オプションを付けなくてもこれら高い断熱性能を持っているところは非常に大きく、さらに値引きをしてくれる可能性も高いメーカーです。

 

これらをトータルで考えれば、桧家住宅は非常にコスパがいいと思わされますね。

 

【まとめ】値引きがなくても満足度は高い。過度な期待は禁物

桧家住宅の値引きについて、値引き率の相場や効果的な交渉術をまとめてきました。

 

ポイントをまとめます。

 

  • 坪単価の相場は40万円~60万円台
  • 桧家住宅には値引きがある
  • しかし、支店によってその基準は異なる
  • もともとの価格が抑えめでコスパは高い

 

標準仕様でも満足度の高い家づくりをしてくれるメーカーですから、値引きを期待し過ぎるのはナンセンス。

 

あまり過度に期待せずにいたほうが、「え、こんなに引いてくれるの!?」と新鮮な喜びがあるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

↓の記事も読むと、桧家住宅について更に詳しく知れます。

桧家住宅自慢のスマートワン、坪単価はどれぐらい?桧家住宅では依頼者が自由に住宅プランを考えられる「スマートワン」という商品に力を入れているイメージがあります。スマートワンは坪単価が約40万円から50万円の間で考えることができるプランになっており、さまざまな大きさを用意している「パレット」と呼ばれる部品を組み合わせることで家を作っていきます。自由に家を作る中で内装だけでなく屋上や太陽光パネル、さらに...

標準的な桧家住宅、スマートワンで無垢材のオプションも選べます!現代では温かみのある無垢素材が人気となっており、新築で家を建てる際には無垢をふんだんに使った北欧風の家を計画している人もいるのではないでしょうか。しかし、北欧風の家なんて高いハウスメーカーに依頼しないと叶わないと考える人もいるかと思いますが、桧家住宅でも十分に考えることができます。桧家住宅ではオプションにて無垢素材を選ぶことが可能で、ち...

桧家住宅と契約して本当に大丈夫なの?各ハウスメーカーとの契約は住宅建築のはじまりで、完全に結んでしまうと余程のことが無い限りは後戻りできないようになるようです。契約は依頼者だけでなくハウスメーカーにとっても工事の始まりを意味しており、契約以降は各種関連事業へ早急に連絡が行き渡ることになっていきます。家は決して安い買い物ではないのでしっかり考えたいところですが、桧家住宅は本当に契約しても大丈夫なメー...

桧家住宅は床下換気が自慢の設備になっている?各ハウスメーカーでは独自の技術を作ることに力を入れており、その特徴の中でどれを選ぶかが重要になってくるかなと思います。個人的には桧家住宅の床下換気は注目すべき機能の1つになっているかなと思っており、その魅力はスペースの有効活用にありますね。ハウスメーカーでは換気システムを導入するのは一般的になってきていますが、桧家住宅は床下に換気装置を導入することで天井...

桧家住宅のvシリーズとは一体なに?桧家住宅は全国的に展開をし始めているハウスメーカーで、徐々に人気を高めているイメージがあります。価格としては比較的安めの設定になっており、坪単価としては50万円前後となっているようです。ローコスト住宅と比べると高めになっていますが、安全面でみれば非常に高くなっており、断熱性能も高めになっているようです。機能面で見ても安心できそうですが、低価格で質のいい家を実現でき...

桧家住宅は高い耐震性を持っています!住宅を建てる際に必ず確認しておきたいのが、耐震性能かなと思います。日本では地震だけでなく雨による被害も大きくなりつつあるので、とにかく頑丈な家を建てるのに越したことはないかなと思わされますね。比較的安めな家を提供している桧家住宅だと耐震性は低いかなと思ったりするかもしれませんが、実はかなり耐震面にも配慮した作りになっています。桧家住宅では地震に強いといわれるツー...

「地震に強い家」といえば桧家住宅です桧家住宅といえば坪単価50万円前後の家を作っており、その上で断熱性能が高くなっているのが大きな特徴かなと思います。ほとんどが企画住宅となっているので自由に家を作りたい人には向いていないかもしれませんが、格安で手早く家を手に入れたい人にとっては打って付けに感じますね。しかし、桧家住宅の魅力は値段や性能だけでなく、実は地震への強さも魅力になってくるかなと思います。桧...

価格を抑えてもクオリティが高いのが桧家住宅!桧家住宅はローコスト住宅と比べると坪単価が50万円前後となっており、本体価格でみれば1500万円から2000万円程度になるハウスメーカーです。ローコスト住宅と比べるとちょっと高いかなと感じるところもありますが、断熱性能の高さや耐震性を考えると十分に安いと思いますね。桧家住宅ではアクアフォームと呼ばれる霧状の断熱材を使用し、壁や隙間にしっかりと吹き付けるこ...

桧家住宅が採用している木材は?桧家住宅では規格住宅を主に販売しており、あらかじめプランを決めておくことで品質を高めながら低価格な料金を実現しています。ローコスト住宅ではちょっと満足できないけれど、高級ハウスメーカーには手が出せないときなどはぜひ検討したいかなと思ったりしますね。そんな桧家住宅ですが、使っている木材に手を抜いているようなことはなく、構造用集成材を使用しています。構造用集成材はあらかじ...

桧家住宅で家を作ると総額どれぐらいになる?桧家住宅は比較的安い坪単価の割には断熱性能が高く、さらに耐震性にも配慮した家作りを目指しているハウスメーカーのイメージがあります。坪単価は50万円前後となっているのでハウスメーカーに比べると高めになっていますが、坪単価が60万円以上もするハウスメーカーに負けじ劣らじの品質はお得に感じますね。ホームページなどでも参考価格を乗せていますが、規格住宅のスマートワ...

注文住宅としての桧家住宅の魅力は何?住宅を建てようと考えた際は注文住宅メーカーを調べるかと思いますが、想像以上に多いな感じるでしょう。全国展開している注文住宅メーカーだけ考えても10本の指に収まらず、さらに地域で経営している場所を含めるとかなりの数になりますね。その中でも最近有名になってきているのが桧家住宅というメーカーです。桧家住宅は坪単価を50万円前後に抑えながらも断熱性能・耐震性において高い...

建売販売に桧家住宅は力を入れているようです!日本では長い不況が続いており、新築で家を買う人は非常に少なくなっています。それでもマイホームの夢を諦めきれない人は多く、各ハウスメーカーが用意している建売を購入する人が増加傾向にあるかなと思います。建売の販売はどのハウスメーカーでも行っているわけではありませんが、特に力を入れているのが桧家住宅かなというイメージがあります。桧家住宅は高い品質の家を低価格で...

ガレージ1つとっても様々な種類が選べるのが桧家住宅!桧家住宅は坪単価が50万円前後のハウスメーカーで、断熱性能が高めになっているのが特徴と言われています。価格を抑えながらクオリティが高くなっている秘密は住宅の作り方にあり、基本的には企画住宅として販売することでコストを下げることに成功しているようです。企画住宅だと自由度がないのであまり理想の家を作れないかなと思ったりしますが、そのバリエーション数は...

桧家住宅ではベタ基礎を採用しているようです!住宅を作っていると様々な言葉に出会うことになりますが、その中でも家の基礎に関わる単語はよく聞くことになるかなと思います。多くのハウスメーカーではベタ基礎と呼ばれるものを採用しており、桧家住宅も同じくベタ基礎となっています。ベタ基礎とは住宅を作る土地にコンクリートを敷き詰め、しっかりとした土台を作ることで住宅を守ります。ベタ基礎にすれば湿気対策などにもなり...

広い屋根裏部屋を備えているのが桧家住宅です!桧家住宅では坪単価50万円前後という標準的な価格で高いクオリティを保っているのがウリかなと思ったりしますが、その魅力の1つが屋根裏部屋かなと思います。桧家住宅が用意する屋根裏部屋はかなりの広さを確保することができるようになっており、ただの収納に止まらず子供部屋や趣味部屋としても十分に機能するようです。人によってはシアタールームとしても活用している人もいる...

桧家住宅とライバルのハウスメーカーとなる場所はどこ?家を建てる際には様々なハウスメーカーを訪れてみることになるかなと思いますが、色々と周ってみてはじめて各会社のライバル関係が見えてくるかなと思います。たとえば、桧家住宅であれば坪単価が50万円前後ながら断熱性能を高めているのが特徴となっており、品質面で見ればローコスト住宅はライバルにもならないほど優れたハウスメーカーになってくるかなと思います。同じ...

桧家住宅の競合ハウスメーカーはどこだ!?各ハウスメーカーにはそれぞれ特徴がありますが、坪単価を元に比較していくと競合メーカーが見えてくるかなと思います。たとえば、坪単価を50万円前後に設定している桧家住宅ならば、主にイシンホームや一条工務店が競合ハウスメーカーになってくるでしょう。桧家住宅は断熱性はそこそこな上に、オプションを付けることで企画住宅ながら自由に家を作れるのが最大の特徴になっているかな...

企画住宅とはいえ内装にこだわれるのが桧家住宅です!桧家住宅はとにかく値段と品質にこだわったハウスメーカーで、坪単価が50万円前後ながら標準的な断熱性能を実現しています。しかし、基本的には企画住宅となっているためメーカー側が設定しているプランを組み合わせながら住宅を作ることになり、基本的には自由に設計はできないと考えることが重要かなと思います。そのため、あまり内装などに期待できない人もいるかなと思い...

桧家住宅にはどのような口コミがありますか?桧家住宅といえば坪単価を50万円前後で提供しているハウスメーカーで、とにかく標準的な家を作っているという口コミが多いかなと思います。坪単価50万円前後となればローコスト住宅よりは断然高い値段設定となりますが、しかし値段よりは高い断熱性能や企画住宅のバリエーション数には定評があります。主に桧家住宅では企画住宅のスマートワンと自由設計のスマートワンプラスに分か...

ua値って桧家住宅にも関係ある?家を購入する際には断熱性能を気にされる人もいるかと思いますが、実際には何がよければ断熱性能がよくなるのかわかりませんよね。1つの指標として扱われるのにQ値などがありますが、最近ではそれ以外にもua値と呼ばれるものが参考にされることが多いようです。ua値とは家全体の空気の出入りを数値化したもので、簡単に言えば空気の数値が高いほど家と外の空気がよく行き交いしていることを...

営業所は全国にある桧家住宅、まだばらつきがある?桧家住宅は主に関東や上信越などを中心に展開しており、最近になってフランチャイズ形式によって全国展開をし始めたハウスメーカーです。企画住宅を中心に販売することで住宅の品質を維持しながら価格をカットすることに成功しており、個人的には注目したいハウスメーカーだなと思います。そんな桧家住宅の営業所は今や全国に広がっており、かなり利用もしやすくなっているようで...

桧家住宅の特徴といえば何ですか?各ハウスメーカーによってかなり特徴は違ってくるかと思いますが、桧家住宅の特徴といえば坪単価50万円前後で標準的な家を建てられることができる点でしょうか。桧家住宅では企画住宅の販売を中心に行っており、各プランに沿って住宅を作ることで手軽かつ価格を抑えることに成功しています。時間もお金もなかなか確保しづらい時代にあったハウスメーカーだなと思うと、非常に時代にマッチしてい...

桧家住宅はかなり安い上に割引率も高い?桧家住宅は標準的な家を提供することに力を入れているハウスメーカーで、坪単価も50万円前後ながら断熱性能の高さなどがウリとなっているようです。価格が安くなっているのは、桧家住宅が基本的に企画住宅を販売していることにあり、はじめから一定のプランが決定していることが理由となっています。自由に家作りをしたい人には少し向かないかもしれませんが、間取りやプランの組み合わせ...

賃貸住宅で暮らすぐらいなら桧家住宅で家を建てるほうがいい?家族で暮らしている人は、賃貸住宅とマイホームのどちらで過ごすのか天秤にかけることが多いかなと思ったりします。賃貸だと一度にコストは掛かりませんが、長年賃貸料を払ったとしても自分の資産が手に入りません。反対にマイホームであればお金やローンが一気に掛かることになりますが、自分の土地や家という資産が手に入ります。どちらにもそれなりのメリットがあり...

桧家住宅ではルーフバルコニーのプランはある?桧家住宅は企画住宅ながら様々なプランがあるようですが、ルーフバルコニーは見当たりませんね。その代わりではありませんが、「青空リビング」と呼ばれる屋上庭園を付けられるオプションは存在しているようです。屋上があれば夏場などにバーベキューをしたり、洗濯物を干すのにも困らないので使い勝手がよさそうですが、木造住宅だと少し問題があるみたいです。木造住宅だと構造的に...

小屋裏収納だけでなくロフトもある桧家住宅!桧家住宅では企画住宅の充実に合わせて、オプションを各種追加することで依頼者独自のカラーを出せるようにしているようです。そのプランの1つには「青空リビング」と呼ばれる屋上を付けられるプランがあるなど、かなり充実度はありそうだなと思いますね。それ以外にも小屋裏収納と呼ばれる広々とした屋根裏を作ることもできるようになっており、固定階段も付けられるのでかなり使い勝...

hemsを搭載したエコ住宅を桧家住宅で実現可能!住宅を購入しようと考える人の中には、エコに配慮した住宅にしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。エコ住宅は太陽光パネルやエコキュートを搭載することで初期費用は少し高くなるかもしれませんが、年間コストで考えると設備がない住宅に比べると圧倒的に違いが出てくるので、検討する価値はあるかなと思ったりします。そんなエコ住宅を桧家住宅でも検討することがで...

電気代カットに貢献しているのが桧家住宅です桧家住宅は坪単価50万円前後にて標準的なマイホームを実現することに力を入れているイメージがあります。アクアフォームやアルミ材を使用することで断熱性能の向上を目指したり、さらには太陽光パネルなども採用することでエコな住宅も実現できたりと、標準的と言いながら少しレベルの高い家を実現できるのも嬉しいところかなと思います。そんな桧家住宅では電気代を大幅をカットでき...

桧家住宅のエクステリア事情はどのようになっている?住宅の外観イメージを左右する要素の1つがエクステリアかなと感じます。桧家住宅ではリフォーム部門をきちんと用意しており、その部門が家のエクステリアを担当することになっているようです。エクステリアの質としては標準的で、うっとりするようなキレイさはないようですが、この辺りは低価格で機能性を充実させている桧家住宅ならば仕方ないかなと思ったりします。また、外...

桧家住宅の魅力の1つが豊富なオプションです!桧家住宅と同じ価格帯としては一条工務店があり、よく比較対象として挙がってきます。両方のハウスメーカーを比べると、一条工務店のほうが断熱性能において圧倒的な性能を有しており、昨今の住宅の流行でいえば一条工務店のほうがいいかなと考えがちです。ですが、桧家住宅では企画住宅を中心に展開しながらも、豊富なバリエーションとオプションの数は一条工務店よりも大きなメリッ...

桧家住宅の窓事情はどのようになっている?家を選ぶ上で重要な要素となってくるなと個人的に感じているのが、窓かなと思ったりしています。窓は外との大きな出入り口の1つで、どれだけ全館空調やエアコンの性能が良くても、窓の性能が悪いと簡単に空気が出入りしてしまうことになるようです。家を建てる際にはあまり気にしないところかもしれませんが、個人的にはしっかりとおみておきたいかなと思いますね。標準的な家を建てるこ...

桧家住宅に欠陥はある?各ハウスメーカーで依頼をする際に気になるところが、欠陥の有無ではないでしょうか。どれだけ家の性能が高くても壊れやすい家だと安心ができませんし、雨漏りが頻繁に起こっても困りますよね。桧家住宅は坪単価が50万円前後となっており、そこまで欠陥があるといった口コミも見かけないイメージがあります。ほとんどが企画住宅となっているのであまり性能についても期待しない人もいるかもしれませんが、...

桧家住宅の外壁プランはあらかじめ決まっている?桧家住宅はほとんど企画住宅となっており、決められたプランを組み合わせることで住宅を作ることになっていきます。そのため、他社の自由設計などと比べるとほぼ建売のような感覚になってしまうところがあるかなと思ったりしますが、その分コストは下げられますし、時間も節約できるのはメリットだなと思いますね。しかし、外壁についてはほとんど決められた配力などから決めること...

桧家住宅の換気システムは場所を取らない?各ハウスメーカーを見る中で重要な要素として挙がってくるのが、換気システムではないでしょうか。換気システムは建物内の空気を24時間交換することで、家の中を常に清潔に保つことが主な機能となっています。桧家住宅でも換気システムは標準仕様で付いており、主に室内温度を管理するのが主になってくるようです。熱換気システムは場所を取るので坪単価も上がりやすい傾向にあるようで...

桧家住宅の外構プランはどのようになっている?家を建てる際は本体価格をまずは検討することになりますが、その後に外構プランを検討することになります。外構プランは家を建てた後でないとトータルで検討することができない部分となっており、どうしてもはじめから予想しづらいようです。桧家住宅でも外構プランは家本体が大体形になった後に検討するようになり、同じメーカーである桧家住宅リフォーミングで検討することが主にな...

材料にもこだわっているのが桧家住宅です!桧家住宅はコストを抑えながらも品質の高い家作りを目指しており、その中で材料にもこだわりを持っているようです。基本的に桧家住宅では構造集成材と呼ばれるものを採用しており、こちらは工場などであらかじめ作った木材となっています。構造集成材は含水率が15%以下となっており、木材が年数経過によって曲がったり割れたりするリスクを極力下げるための材料となっています。非常に...

桧家住宅の標準的な設備は満足できそう?現在のハウスメーカー事情としては、はじめから一定の設備が標準仕様として付いてあるのが一般的となっています。各建材を作るメーカーとハウスメーカーが提携している場合は、そのメーカー内からキッチンやトイレ、ユニットバスを選択することができるようになっており、この提携メーカーもハウスメーカー選びの要素の1つになるかなと思いますね。桧家住宅では標準的な家を作ることが目的...

桧家住宅で設計は自由にできる?桧家住宅では基本的に企画住宅を採用している傾向にあり、ほとんどメーカーが決めたプランに沿って家を作っていく流れになってくるようです。そのため、あまり設計について自分であれこれとやることはないみたいで、色々とこだわりたい人にとってはあまり魅力的に映らないかもしれませんね。ですが、よくよく考えてみると家を作るといっても、ほとんどの人が家のことについては何も知らない人がマイ...

桧家住宅では実例公開に前向き?夢のマイホームを作ろうと考える際、真っ先に見始めるのは各ハウスメーカーの実例集ではないでしょうか。各ハウスメーカーでは自分たちが過去に設計して実際に建てた家をWebページや各種資料によって扱っており、その様子を見ることでよりリアルに家を建てるイメージを膨らませることができます。また、実例があるということは実際に営業成績があるということにもあるので、ぜひチェックしておき...

着工件数を着々と伸ばす桧家住宅!桧家住宅は最近になってフランチャイズ形式で全国展開しているハウスメーカーですが、着工件数はかなり伸びているみたいですね。着工件数とはそのメーカーが実際に家を建てている件数になりますが、桧家住宅は年間で2000棟近くも建てているほど需要があるようです。実は桧家住宅はヒノキヤグループの1つで、グループでトータルすると年間3000棟にも上り、売り上げも900億円以上になる...

桧家住宅の坪単価は本当に安い?各ハウスメーカーを見る際、まず目がいってしまうのが坪単価ではないでしょうか。坪単価は安ければいいというものではなく、結局はその坪単価でどのような家が建つのかが大事かなと思ったりしますね。たとえば、桧家住宅ならば坪単価50万円前後で家を建てることがベーシックとなっており、こちらは企画住宅ながら断熱性能や耐震性が高めの標準的な家を提案しています。50万円ならば35坪でも本...

3階建てでも桧家住宅の坪単価は安い?住宅を作る際は各条件によって価格が変動してくるものですが、桧家住宅では3階建ての家でもそこまで価格が高くなることはなさそうです。実際に桧家住宅で3階建ての家を建てる際は坪単価が45万円程度となっているようで、大きさや坪数によりますが比較的安くなっているのではないでしょうか。3階建ての家は1階部分をガレージにして使ったり、二世帯住宅として利用したりと多様な使い方が...

桧家住宅のデザインはきちんと伝えないと完成しないかも桧家住宅は標準的な品質を保ちながら坪単価を抑えることに成功しているハウスメーカーで、その秘密は企画住宅を中心に展開していることにあるかなと思います。企画住宅はメーカー側が一定のプランをはじめから用意しておき、依頼者はその中から各部材を選ぶことで家を作ることができます。はじめからプランが決まっているのでメーカーとして部品を大量発注できるのでコストダ...

桧家住宅のメンテナンス事情はどのようになっている?住宅を建てる上できちんと確認しておかないとダメだなと思うのが、メンテナンス事情かなと思ったりしています。家は建てた後でも外壁や屋根の塗装がどうしても落ちてしまうので、それらを補わないと浸水などの被害が出てしまうのです。そのため、国でも引き渡しから10年間は無料にて点検することを義務つけています。さらに、各ハウスメーカーでは保証制度などを設けたりして...

桧家住宅のトイレはリクシル製です桧家住宅ではとことん暮らしやすくて標準的な家を作ることに力を入れていますが、提携しているメーカーも基本的には使いやすくて日本を代表するようなメーカーが揃っています。たとえば、トイレ1つとっても桧家住宅はリクシルを採用しており、こちらのメーカーも低価格ながら使い勝手のいい商品を多く作っています。リクシル製品はとにかく掃除の手間を省くことに力を入れており、よく目にする黒...

桧家住宅はランキングで見ると何位に入っている?各ハウスメーカーを選ぶ際には各付けやランキングも気になってくるようですが、そのランキングの1つに「オリコン日本顧客満足度ランキング」と呼ばれるものがあります。「オリコン日本顧客満足度ランキング」は各部門において利用者による格付けを行ったものであり、この中にハウスメーカー部門もあるようです。桧家住宅は2016年のこのランキングにおいて、見積もりの正確さが...

桧家住宅にはリフォーム事業部が存在しています桧家住宅はヒノキヤグループの1つで、坪単価50万円前後にて断熱性能と耐震性が高めの家を実現してくれるハウスメーカーとなっています。この坪単価数ながら充実した機能を持っているのでかなり魅力的なハウスメーカーだなと感じますが、さらにリフォーム事業も同じグループにて作っているようです。リフォーム事業は「桧家リフォーミング」という名前で、桧家住宅で作った家のメン...

桧家住宅で家を建てる際の最大のメリットは何?各ハウスメーカーには様々な特徴が存在していますが、その各特徴のどこにメリットを感じるかは人それぞれだなと思います。たとえば、桧家住宅ならば坪単価50万円前後ながら断熱性能と耐震性を有しており、この価格帯にて双方を両立しているのはなかなか無いかなと感じたりします。また、ほとんどが企画住宅となっており、家作りにあまり時間をかけることができなかったり、そこまで...

やはり桧家住宅でも和室は人気のようです!住宅の間取りにおいてあったらいいなと感じる空間の1つに、和室があるのではないでしょうか。一昔前では不要なスペースとして排除される傾向にありましたが、現在ではその空間に見直しがされているようです。畳のある和室は子供が遊んでもケガのリスクが少なく、少し休憩したいときにすぐ寝転がれる優しい素材になっています。また、襖などを付けておけば客間としてすぐに使うことができ...

桧家住宅は玄関にこだわりを見せています!家を作る上で1つの顔となってくるのが、玄関ではないでしょうか。家の出入り口を担当する玄関が使い勝手が悪かったり、暗いイメージだとやはり気がめいってしまいそうなので、こだわって作っておきたいところですね。桧家住宅は企画住宅を中心にしながら玄関の作り込みに力を入れており、土間収納やシューズクロークなどを取り付けることができるようになっています。特に、土間収納があ...

防音面、桧家住宅はどのようになっている?桧家住宅では企画住宅ながらたくさんのプランを用意しており、一般的な2階建てから平屋、さらには二世帯住宅や3階建ての家までそろっています。その幅はかなり広いものとなっており、とても企画住宅を扱っているメーカーとは思えないほど自由度がたかいかなと思ったりしますね。桧家住宅の営業努力の秘密は断熱材にあるようで、採用しているアクアフォームは低価格ながら断熱性能は非常...

桧家住宅の断熱性能は高い?桧家住宅は坪単価50万円前後ながら高い標準仕様を施しているハウスメーカーとして知られており、断熱性能も高めになっているようです。桧家住宅ではペアガラスやアルミ工法の採用、さらにはアクアフォームと呼ばれる泡状の断熱材を使用することで低価格ながら断熱性能を高めることに成功しています。しかし、あくまで標準的で暮らすのに困らないレベルなので、そこまで高いレベルにはなっていないよう...

桧家住宅の企画住宅プラン、種類は豊富?桧家住宅は住宅の品質を保ちながら、坪単価50万円前後とコストを下げることに成功しています。その秘密は数々の企画住宅を用意していることで、依頼者側も家を作りやすい上にメーカー側も大量発注することができます。桧家住宅の企画住宅は大きく分けてVシリーズとAシリーズに分かれており、それぞれちょっとした違いがあります。Vシリーズはプランん数の種類が豊富となっており、その...