このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
ローコスト住宅のパパまるハウス、価格はかなり安いです!

パパまるハウスは北部ハウスが新しく生まれ変わったハウスメーカーで、全国展開するメーカーと違って地域での活動に絞っているのが特徴です。

 

あまり手広く転換していないこともあって住宅価格は抑え気味になっているのが特徴で、1000万円ほどあれば家を建てることができるようです。

 

平屋プランで見ても1000万円を切っているプランがあるので、その安さは群を抜いているイメージがあります。

 

パパまるハウスの各種プランは他社と違っておもしろいシステムになっており、二世帯や平屋という分け方だけでなく、坪数によって分ける方法も採用しています。

 

中には27坪など細かい坪数の設定もあるので、幅が広いのがいいかなと思いますね。

 

低価格がウリのパパまるハウス、坪単価にするとどれぐらい?

元北部ハウスのパパまるハウスは、今はヒノキヤグループの1つとして活動しているようです。

 

パパまるハウスといえばとにかく価格が安いのが特徴となっており、住宅価格で見ても1000万円を切るプランが存在しているほど。

 

平屋でみても800万円程度になっているため、どうしても平屋が欲しい人にとってはぜひ検討したいメーカーだなと思ったりします。

 

坪単価でみると、40坪の家で1500万円程度掛かったとしても、坪単価は約35万円程度になってくるので、かなり安くなっていますね。

 

さらに、自由設計プランだけでなく分譲住宅販売も行っているようなので、どうしても安く家を購入したい場合には相談してみたいかなと思います。

 

パパまるハウスには20坪のプランも存在している!?

パパまるハウスは格安の住宅プランを展開しているメーカーで、1000万円台で家を建てることができるようになっています。

 

かなり低価格なプランを展開している上に、プラン内容も少し変わっていて坪数によって分けているものもあります。

 

パパまるハウスの中には平屋の20坪プランまで存在しており、内装もキッチンリビングと6畳の部屋2つ、トイレやお風呂など必要最低限のものしかありません。

 

家族4人がずっと暮らすには手狭かもしれませんが、セカンドライフや1人で賃貸をずっと借り続けるぐらいであれば、600万円程度の20坪プランを買ったほうがいいかなと思いますね。

 

また、27坪で2階建てにプラス屋根裏部屋があるプランも用意しているようなので、家族で住む場合はこちらを検討したいところです。

 

30坪プランでもパパまるハウスなら1000万円掛からない!

パパまるハウスは価格が安いのが最大の特徴で、ローコスト住宅の中でも1000万円掛からないメーカーというイメージが私の中であります。

 

その安さは坪数から見てもわかるようになっており、坪単価としてはおよそ30万円程度になっているので、かなり安くなっているのがわかりますね。

 

また、パパまるハウスでは坪数ごとにプランを提案しているパターンがあり、その中には30坪プランがあります。

 

30坪プランは2階建ての家になっており、家族4人が暮らすには問題のない間取りになっているのが特徴です。

 

さらに、ハウスメーカーの中ではバルコニーが広くなっているのが特徴で、洗濯にも困らないのがいいかなと。

 

パパまるハウスは800万円程度ですが、標準仕様も完備されているので検討する価値はあるかなと思いました。。

 

どうせパパまるハウスで家を建てるなら40坪プランにしたい!

パパまるハウスは低価格の家を購入できるのが魅力のハウスメーカーで、平屋や二世帯などのプラン分けではなくて、坪数によるプランも提案しています。

 

その中には20坪や30坪プランがありますが、こちらはすべて価格が1000万円を切っているなどかなり安いプランだなと思います。

 

確かに現代において安く30坪程度の家を建てられるのは嬉しいかなと思いますが、個人的には少し広めであると共に、収納場所も考えた家にしたいかなと思います。

 

なので、パパまるハウスで家を建てるのであれば、思い切って40坪プランを購入したいですね。

 

40坪プランは2世帯で過ごしても十分な間取りの6LDKになっており、さらに単世帯と二世帯で間取りを変更もしてくれるようです。

 

この広さで1500万円以下であれば、検討する価値は十分にあるかなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

↓の記事も読むと、パパまるハウスについて更に詳しく知れます。

「とにかく安い」と評価されているのが「パパまる」です「パパまるハウス」はヒノキヤグループの1つとして営業しているハウスメーカーですが、その最大の特徴は1000万円以下の規格型住宅を購入できるところでしょう。不況が続く現代で1000万円を掛けずに家を購入できると考えれば、やはり人気も自然とでるかなと思いますね。実際、販売数も上昇傾向にあるようで評価も上がっているかなという感じです。評価としてもとにか...

パパまるハウスはローコスト住宅なのにオプションは必要なし?現代では大手ハウスメーカーだけでなく、全国展開にてローコスト住宅を提供するハウスメーカーも増えているイメージがあります。どうしても家を建てたい人にとってローコスト住宅は非常にありがたい存在ですが、標準仕様が正直イマイチで、結局はオプションを付けていき本体価格が2000万円以上になるのは嫌ですよね。そこで、どうしても費用を抑えて家を建てたいの...

オール電化も安心して依頼できるのがパパまるハウス今の日本ではエネルギー不足が深刻な問題となっており、各住宅においてもオール電化や太陽光パネルを採用することで少しでも省エネな家を作ることが求められています。大手ハウスメーカーでは太陽光パネルを採用したりオール電化住宅にする流れがあり、依頼する人も増えているイメージがあります。ですが、家を建てる際に予算がどうしても限られてしまうと、オール電化や太陽光パ...

事前に知っておきたいパパまるハウスの家作りのスタンス家を建てようと思ったとき、ハウスメーカーや工務店を周りますが、坪単価やデザインだけでなく根本的な家作りの考え方が違うなと思わされることになるでしょう。たとえば、三井ホームならば徹底したデザイン主義、一条工務店ならば機能性を重視するなど、それぞれコンセプトが変わってくるものです。中には低価格に徹底したポリシーを持ったメーカーもあり、その1つにパパま...

パパまるハウスではモデルハウス展示場を展開しています!パパまるハウスはもともと北部ハウスという名前で営業していましたが、別グループの傘下となる際に社名が変わったとのことです。今では北陸だけでなく中部、関東、東北エリアを中心に活動を広げているようですが、各場所てモデルハウス展示場があります。やはり自分が住む家を考えるときは実物を見てから決めたいと思いますし、大きなお金を出すので妥協のないようにしっか...

パパまるハウスは低価格が自慢で内装も充実!しかし、外見は・・・パパまるハウスのいいところを聞かれると、個人的にはまずはじめに低価格なローコスト住宅であることが出てきますね。パパまるハウスでは坪数ごとに各種プランを提案しており、20坪や30坪、さらに40坪という形で展開しています。坪数で大体の家の大きさを想像しやすいのも嬉しいですし、30坪でも価格が880万円で考えられるは破格だなと感じます。また、...

最終更新: 2019年9月30日目次ローコスト住宅のタマホームとパパまるハウスを比較!大手不動産サイト「スーモ」でパパまるはどのよう紹介されている?SUUMOで見つけた!アメリカンスタイルのタマホームラグジュアリーな平屋がまさかの30万円/坪で!?アイダ設計とパパまるハウス、住みやすいのはどっち?「アパートからマイホームへ」のパパまるハウスは本当にお得なのか?【まとめ】正真正銘のローコスト!コスパ...

ただでさえ安いパパまるハウス、やはり値引きは難しい?ハウスメーカーにて家を建てるときには、やはり値引きを考えるものではないでしょうか。家を建てるとなれば総額2000万円から3000万円以上も費用が発生することがあり、少しでも出費を下げようとするのは自然かなと思ったりしますね。各ハウスメーカーでも値引きを前提にしながら交渉することもありますが、パパまるハウスははじめから金額が低くなっているようです。...

ローコスト住宅のパパまるハウス、やはり欠陥は多い?ローコスト住宅として知られるパパまるハウスは、標準仕様も含めて30坪程度の家を880万円から考えられる低価格メーカーです。標準仕様も含めて本体価格が880万円であればかなり安めの設定かなと思いますが、これだけ充実した内容でやすいのであれば、気になってくるのが欠陥部分でしょうか。各サイトなどでもパパまるハウスの欠陥について不安に思う方がいるようですが...

パパまるハウスの基礎はベタ基礎を採用しているようです住宅は内装や外観だけでなく構造も重要になっており、家の強度にかかわるのである程度は知っておきたいかなと思います。現在のハウスメーカーではベタ基礎と呼ばれる工法を採用しており、床板全体で家を支える形を取っています。床板すべてで重さを受け止めることで、建物の重さを分散することができるので、不同沈下するのを防ぐ役割があるようです。パパまるでもこちらベタ...

パパまるハウスの本社はどこになりますか?パパまるハウスは低価格路線のハウスメーカーになっており、実は別会社の子会社という形となっています。本社に当たるのは桧家ホールディングスという場所で、桧家住宅とは同じ系列のグループになっているようです。桧家ホールディングスは他社に負けない営業力を持っており、約3000棟の家を年間に作っているメーカーになっています。また、その中の桧家住宅はパパまるハウスに比べる...

外壁の素材は並?グレードを上げるぐらいならパパまる以外を検討したい外壁材に使われる素材は重要で、家を建てた後のメンテナンスにも影響してきます。外壁は雨風にさらされることで汚れが付着しやすくなるだけでなく、ひび割れなども発生することがあります。それを放置しておくと雨漏りなどが発生してしまうので、できるだけ外壁材についてはいいものを選んでおきたいかなと思います。低コストながら充実した標準仕様で知られて...

パパまるで購入する際は屋根に注意したい!パパまるハウスでは住宅購入を880万円にプラスして税金や諸費用を予算として考えるだけで、マイホームを実現できる会社となっています。その価格に思わず飛び付きたくなりますが、屋根などのメンテナンスについては事前に考えておきたいところがあります。家は建てて終わりということではなく、その後も雨風や震災によって劣化することが考えられるので、外壁や屋根は一定の年数でメン...

パパまるでは各プラン毎に間取りが決まっているようですパパまるハウスは20坪の住宅を880万円から提案しているハウスメーカーで、非常に安く住宅を購入できるのが特徴となっています。価格を抑えているのは自社の営業努力の結果ですが、その1つに各プラン毎の間取り設定にあるかなと思います。パパまるハウスは20坪や30坪、40坪など坪数に分けて住宅プランを提案しています。それ以外にも平屋や二世帯住宅、ソーラーパ...

パパまるハウスではローンのサポートはある?住宅購入を考える上で外せないのがローン事情だと思います。家を買うとなれば3000万円以上もの大金を支払うことになるので、やはりローンを組んで月々返すのが一般的だなと思いますね。パパまるハウスも本体価格は880万円でも、税金や土地、諸費用を含めれば2000万円ほどにはなってくるので、やはりローンは組んでおきたいですね。しかし、パパまるハウスでは専用のローン相...

パパまるハウスはほとんど建売と同じ?パパまるハウスは低価格で家を建ててくれるメーカーとして知られており、一番下は880万円から考えることができるようになっているようです。パパまるハウスはいわゆるローコスト住宅を販売するメーカーと考えるべきかなと思いますが、標準仕様もきちんとしており、キッチンやユニットバスはもちろん付いています。さらに、断熱材もアクアフォームを採用するなどこだわりを持っているので、...

パパまるハウスのプランは少し変わっているようです各ハウスメーカーではそれぞれ外観デザインなどでプランを提案していることが大半です。しかし、パパまるハウスでは各坪数ごとにプランを提案しており、依頼者にとってわかりやすい形で商品を提案しています。パパまるハウスは20坪から40坪ほどのプランに分かれており、それぞれに間取りパターンも2種類ほど用意されています。20坪ならば平屋でも本体価格が800万円程度...