このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
古河林業の坪単価は幅広い?

古河林業は日本の中でも老舗ハウスメーカーの1つで、完全自由設計に定評があるみたいですね。

 

坪単価としても自由設計とあって、坪単価としても40万円から70万円とかなり幅広いイメージがあります。

 

古河林業は昭和48年からずっと営業を続けており宮城と三重、秋田県の3つに自社を持っています。

 

これらの土地に自社を持っているのは、国内だけで作る100%国産構造材にこだわっているためです。

 

徹底して秋田杉のオール4寸を採用しており、こちら一般的な住宅で使われるサイズの1.5倍となっています。

 

これによって通常の住宅よりも強固な構造を実現しており、その品質の高さは国内屈指となっているイメージがありますね。

 

これならば坪単価の幅が広くても、許容できるかなと思いますね。

 

老舗ハウスメーカーの古河林業、その評判は?

古河林業は日本に3つの本社を持つハウスメーカーで、1877年からずっと営業を続けています。

 

長年の中で培われたノウハウを武器に安定した住宅作りを行っており、その丁寧さがやはり評判につながっているみたいですね。

 

古河林業では国内で作られた構造材を使用しており、木造住宅であったとしても耐震性については高い評価をもらっています。

 

東日本大震災でも倒れなかったほどの耐久性を持っており、これだけ頑丈であれば安心して依頼することができるかなと思いますね。

 

頑丈さだけでなくスタッフのきめ細やかさについても非常に高い評価を受けており、全国展開しているメーカーとしては珍しいなと感じるぐらいです。

 

100年以上も続くメーカーだからこそできる家作りを実現しているなと、個人的にも思いますね。

 

古河林業は口コミでもポジティブなものが多いです!

古河林業は日本の中でも老舗ハウスメーカーに入るかなと思いますが、口コミを見ていても非常にいいものが多いですね。

 

古河林業では日本製の構造材を使用しており、さらにサイズが大きめの4寸を採用しています。

 

これによって構造は通常の木造住宅よりも強固なものとなっており、東日本大震災でも家だけでなく家具や食器さえびくともしないという口コミさえあります。

 

また、古河林業は手抜き工事も少ないと言われており、全国展開しているハウスメーカーの中でもクレームなどが少ないという口コミもあります。

 

有償のアフターサービスにおいても専門業者が行うことで質の高いものとなっているようなので、安心して暮らすことができるかなと思います。

 

満足度で見る古河林業の魅力は?

古河林業は関東エリアを中心に営業をしており、満足度でみても高いのかなと思いますね。

 

古河林業は国内でも建売ではなく自由設計にこだわった家作りを行っており、そのこだわりと耐震性には多くの評判が寄せられています。

 

耐震性については秋田・三重・宮城で作られる国産の構造材にこだわっており、秋田杉のオール4寸を使用しています。

 

これによって東日本大震災にも耐えれるだけの住宅を実現しており、満足度は高くなっているようですね。

 

それ以外にも自分で大黒柱を使えるイベントを行っており、家に愛着がわくような工夫を凝らしているイメージがあります。

 

また、古河林業は見積もりの料金がわかりやすくなっており、こうした細かいところで配慮しているところが満足度につながっているなと感じます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

↓の記事も読むと、古河林業について更に詳しく知れます。

展示場の数も多い古河林業古河林業は明治10年から創業している老舗のハウスメーカーで、自社で作れる住宅をしっかりPRしているみたいです。展示場は主に関東エリアが中心になっており、東京と千葉、北関東、埼玉、東海、工場・林業所エリアなどとなっています。これらの展示場では古河林業で作れる住宅を置いており、それぞれ見れる住宅にも違いがあるみたいですね。古河林業では固定のプランが用意されていないようで、完全に...

アフターサービスも充実している古河林業家は建てるだけでなく、その後のメンテナンスも重要になってきます。特に外壁などは年数経過によって塗装などがはげていき、それによってひび割れなどが発生してしまうようです。そうした家の抱える問題に関してハウスメーカー側でもアフターサービスという形で対応しますが、古河林業は非常に丁寧であるという噂を多く聞きますね。古河林業では専属のアフターメンテナンスのスタッフも用意...

家を建てるならば古河林業も考えてみたい自分だけの家を建てる際は色々なハウスメーカーを検索して情報を集めるかと思いますが、個人的には古河林業も候補の1つに入れたいかなと思いますね。古河林業は日本国内のハウスメーカーで考えても老舗メーカーの1つとなっており、とにかく木材にこだわっているイメージがあります。古河林業で使われる構造材はすべて国内で使われており、その上サイズも通常のものよりもワンサイズ大きく...

分譲住宅も扱っている古河林業各ハウスメーカーでは分譲住宅を扱っていることもありますが、古河林業も販売はしているみたいですね。公式ページなどではあまり情報を見かけることはありませんが、別サイトや不動産サイトにはこちらの情報を掲載しているようです。分譲住宅の販売は古河林業が主に活動している関東付近になっているようですが、築年数としては平成28年あたりのものもあるので、比較的新しいので不安も少ないのがい...

あまりインテリアに力を入れていない古河林業古河林業は木材にこだわった家作りを徹底的に行っており、その代わりではないですがインテリアについてはあまり力を入れていないイメージがありますね。ハウスメーカーによっては非常に力を入れている場合もあり、タイルや屋根の形を選べます。他にも内装についてクロスを選ぶことができたり、間取りについてもおしゃれなプランを提示してもらったりすることができる場合もあるようです...

フラットな屋上も実現できる古河林業古河林業は今はやっているハウスメーカーが多く取り扱っているセミオーダー式の住宅プランと違い、自由設計の住宅を提供しています。国産の木材を使った自慢の住宅は高い耐震性を誇っており、同時に木が持っているデザインを十分に引き出してくれるのがいいところかなと思います。屋根に関しても切妻タイプだけでなく、陸屋根タイプを採用しているパターンもあるみたいですね。通常の強度ならば...

価格がわかりやすい古河林業ハウスメーカーで家を買う際に気になる価格表示ですが、色々回ってみるとわかりづらいところが割と多かったりしますね。住宅を販売する際は本体価格以外にオプションや諸費用などが掛かってくるので、想像以上に費用が掛かってしまうパターンが非常に多くなっています。そのため、どれだけ予算を組んでいても不安になってしまうことが多くなってきますが、古河林業ならばそうした不安もないようです。古...

古河林業はどんなキャンペーンを行っている?各ハウスメーカーではキャンペーンを行うことで自社商品をアピールします。それ以外にも自社だけで使える金券をプレゼントすることで、成約時にお得に家を建てれる嬉しいキャンペーンなども存在していますが、古河林業といえば大黒柱を一緒に選ぶキャンペーンが有名ですね。木造住宅と言えば家を支える大黒柱が重要になってきますが、古河林業ではこの柱を一緒に探すキャンペーンを行っ...

古河林業が採用している断熱材は?古河林業では断熱面についてもしっかり配慮しており、その断熱材はロックウールとなっています。ロックウールは長年使われている断熱材で、加工が非常に楽で様々な形で使用されているようです。古河林業でも壁や天井とあらゆる場所にロックウールを使用しており、断熱性能を示すua値で見ても0.67を示しているようです。このロックウールですが、他社でよく採用されているグラスウールと比べ...

c値については触れていない古河林業古河林業は日本ハウスメーカーの中でも老舗メーカーとなっており、2018年現在でも営業を続けている所を見ると、かなり信頼されているのがわかりますね。古河林業で最も魅力的なところは国産にこだわっている構造材で、断熱性についてもきちんとその数値を提示しています。しかし、その一方で気密性を表すc値については開示されていないようです。c値は家の気密性を表すものですが、この数...

徹底した基礎工事を行う古河林業古河林業は家のモデルハウス展示会を行うだけでなく、家の内部構造を公開する見学会も行っているハウスメーカーです。家の内覧会などを頻繁に行うハウスメーカーは数多くありますが、柱の構造を見学してもらうハウスメーカーはなかなか無いかなと思いますね。そんな古河林業では基礎工事をしっかり行っているイメージがありますが、基礎部分に関しても地震に強いと言われているベタ基礎を採用してい...

徹底した基礎工事を行う古河林業古河林業は家のモデルハウス展示会を行うだけでなく、家の内部構造を公開する見学会も行っているハウスメーカーです。家の内覧会などを頻繁に行うハウスメーカーは数多くありますが、柱の構造を見学してもらうハウスメーカーはなかなか無いかなと思いますね。そんな古河林業では基礎工事をしっかり行っているイメージがありますが、基礎部分に関しても地震に強いと言われているベタ基礎を採用してい...

最終更新: 2019年9月30日目次古河林業、クレームは多い?古河林業、欠陥とはほとんど無縁?大黒柱が大黒柱を選ぶツアー。一体、どんな意味が?古河林業は寒くない?24時間対応のコールセンターを置いてある古河林業古河林業で不満は出てくるもの?抜かりない!不満がでにくい環境づくりが徹底している【まとめ】品質へのこだわりが、クレームをよせつけない!古河林業は、140年もの歴史を持つ老舗の住宅メーカー。「...

自由設計でも予算を考えてくれる古河林業自由設計の家と聞くと非常に高額になるイメージがありますが、古河林業だとそこまで高値になることは少ない印象がありますね。古河林業の坪単価を見てみると40万円から70万円と非常に幅が広くなっており、坪単価で見ても設計の自由度が高いことがうかがえます。金額を予算内に考えられるのは、その設計で部材から見直してくれる点にあります。部材を自由に選べるハウスメーカーもなかな...

古河林業で外壁の情報はほとんどない?古河林業は住宅を構成する木材などについてはしっかり触れていますが、外壁材などはあまり触れていないイメージがあります。外壁にもサイディング以外に塗り壁やタイルなどがありますが、残念ながらこうした情報について触れていないようです。情報がない点については少し残念な感じもしますが、実例を見る限りは非常に外壁もバリエーションが広いイメージがあります。公式サイトに掲載されて...

木造住宅としての古河林業古河林業は昔から木造住宅にこだわって作り続けてきたハウスメーカーで、その秘密は構造材にあるかなと思いますね。古河林業はすべて国産の構造材を使用しており、家を支える木材をしっかりと選び抜いているのがわかります。しかも、この構造材はサイズがワンサイズ大きな4寸を採用しており、柱自体を大きくすることで地震にも強い家を実現できているようです。木造住宅だと地震に弱いイメージがあります...

古河林業はリフォームにあまり力を入れていない?現在のハウスメーカーでは新築の需要が減っている現状に合わせて、中古住宅のリフォーム・リノベーション部門に力を入れている傾向にあります。費用がどうしても足りなければ個人的にもしっかり考えたい部分かなと思いますが、古河林業はあくまでも新築にこだわっているイメージがありますね。ネットで古河林業のリフォーム情報を調べてみてもあまり情報はありません。古河林業のほ...

ハウスメーカーとして古河林業の魅力は?古河林業といえば日本でもかなり老舗の部類に入るハウスメーカーで、その魅力は何と言っても自由設計に力を入れている点ではないでしょうか。現在のハウスメーカーだとはじめからある程度プランニングされた商品を用意しており、それに対して家を建てたい人が細かい部分を組み替えていくセミオーダー式が主流となっているイメージがあります。しかし、古河林業は現在でも自由設計を心がけて...

木造だけど耐震に自信のある古河林業木造住宅は一般的に地震に弱いというイメージが付いて回りますが、古河林業はそんなイメージを覆る工夫を凝らして耐震性を高めています。まず、古河林業の強みとなっているのが独自の構造材。日本国内にある3つの工場で作られる構造材はヒノキを元にしており、さらにサイズが4寸とワンサイズ大き目になっています。4寸にすることでしっかりと木々同士がかみ合い、揺れにも強い家を実現してい...

木造だけど耐震に自信のある古河林業木造住宅は一般的に地震に弱いというイメージが付いて回りますが、古河林業はそんなイメージを覆る工夫を凝らして耐震性を高めています。まず、古河林業の強みとなっているのが独自の構造材。日本国内にある3つの工場で作られる構造材はヒノキを元にしており、さらにサイズが4寸とワンサイズ大き目になっています。4寸にすることでしっかりと木々同士がかみ合い、揺れにも強い家を実現してい...