クレバリーホームの全館空調は必要?エアコンじゃダメなの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

全館空調って快適?

 

快適な家にしたいなら全館空調は必要?

家を常に快適な空間にしたい場合は、やはり全館空調が必要と考える人が多いのではないでしょうか。

 

全館空調はエアコンと違って常に家の温度を安定に保つための設備で、夏・冬に関わらず部屋の温度が均一な状態になります。

 

温度が均一になるため体に掛かるストレスも少なく、さらにヒートショックも起こりづらくなるため年配の方でも安心した生活が送れます。

 

クレバリーホームで導入するにしても価格としては約300万円程度はかかるため非常にコストは重たいですが、それに見合うだけの価値はあると考える人が多いようです。

 

また、全館空調は温度だけでなくハウスダストや花粉なども除去してくれるので、小さい子どもを健康的に育てることを考えればコストも気にならないかもしれませんね。

 

クレバリーホームのスマートハウスで電気代は安くなる?

各ハウスメーカーでは電気代をはじめとする、ランニングコストを抑制できるスマートハウスのプランを用意していることが大半です。

 

タイルが自慢のクレバリーホームでも「スマートエブリZERO」というプランを提案しており、こちらでも太陽光パネルをはじめオール電化やランニングコストが小さくなるアイデアが盛り込まれています。

 

しかし、電気代をはじめとする光熱費の節約をあまり実感できないパターンもあるようですが、クレバリーホームでもあまり電気代を大幅にカットできたという話はあまり聞きませんね。

 

その一方でクレバリーホームでは作り出した電気を溜めて置ける蓄電池の販売には力を入れており、こちらは初期コストは掛かるものの好評のようです。

 

やはりスマートハウスを作るのであれば、初期投資についてはしっかり考えた方が良さそうです。

 

エアコンと全館空調、どっちを選ぶべき?

家を建てる際、家族によってはエアコンと全館空調のどちらを付けるのか論争になることもあるのではないでしょうか。

 

現代の日本だと夏・冬には必ずエアコンがないと暮らせないと考える人も多く、特に夏の暑さは年を越すごとに増しているイメージさえあります。

 

そんな夏場にエアコンは必要になってくるかと思いますが、人によっては全館空調によってしのげると考える人もいるようです。

 

全館空調は常に家の温度を一定に保ち、暮らしやすい空間を常に保ってくれます。

 

そのため、地域によってはエアコンよりも全館空調のほうが効果が高い場合があり、さらに初期費用は高く付いたとしてもラニングコストで見れば安くなる可能性もあります。

 

それぞれ環境や使う人によるので、この辺りを考えながらどちらを付けるか検討する必要がありますね。

 

暖房によるコスト、クレバリーホームはカットできる?

冬になると暖房器具を使うことで自然と電気代が高くなってしまい、光熱費を見るのが嫌になってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

特にエアコンに頼ってしまうと光熱費が高くなりがちですが、クレバリーホームならば多少なりともそのコストをカットできるという噂がありますね。

 

クレバリーホームでは基礎断熱を高めており、その分だけ一度温めた部屋の空気が逃げづらい作りになってします。

 

クレバリーホームでは壁や天井だけでなくペアガラスも導入しているため、簡単に暖かい空気が逃げない作りになっています。

 

その上、オプションによって床暖房を付けることもできることもあり、床からじんわりと部屋の中を温めてくれるので、非常に暮らしやすい家だなと感じます。

 

スマートハウスにするならhemsも付けておきたい!

スマートハウスの設備の1つとして挙げられるのが、hemsではないでしょうか。

 

hemsはオール電化住宅煮付けられることの多い設備の1つで、家の電気を可視化できる設備となっています。

 

家で使われているエネルギーをグラフや数値で表示することで光熱費を把握できる上に、使い過ぎていると感じればその都度調整したりするのに便利だなと思いますね。

 

また、太陽光パネルがあれば生み出した電気量についてもチェックできるので、非常に便利な装置だなと感じます。

 

ですが、このhemsはオプションになっていることも多く、クレバリーホームでも約25万円程度の価格となっています。

 

少し値の張るオプションですが、オール電化にするらば会って損はないかなと感じます。

 

エコカラット採用で機能性と美観を保ちたい!

家を建てる人の中には、ぜひエコカラットを付けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

エコカラットはリクシルが展開してる壁材の1つで、なんと匂いを吸収する内装壁材と言われています。

 

エコカラットは日本古来の土壁の技術に着目しており、そこに空気を吸放出できる穴が付けられています。

 

この穴が匂いをキャッチし、部屋を常に快適空間に仕上げてくれるのです。

 

家の匂いが気になる女性にとっては便利なアイテムとなっていますが、何よりも注目したいのがそのデザイン性。

 

基本的にエコカラットは2色を選択できるようになっており、さらにタイルようなデザインとなっています。

 

クレバリーホームでも採用できるエコカラットですが、外壁のタイルともマッチするのではないかなと思いますね。

 

エコキュートの意外なメリット、クレバリーホームとの相性もバッチリ!

最近ではスマートハウスをはじめとする省エネな住宅が主流となりつつあり、エコキュートを付ける人も増えているように感じます。

 

エコキュートはガスを使わずに電気でお湯を効率的に湧かすことができる装置で、導入すれば光熱費を大幅にカットできると言われています。

 

実際にガスを使わないため光熱費に関してはグッと抑えることができるようになっており、非常に便利な設備だなと思いますね。

 

また、エコキュートのメリットは光熱費の面だけでなく、非常用の水としても利用できる点。

 

エコキュートは常にお湯を沸かしておくために水をタンクに貯めています。

 

この水は地震などの災害時にも使えるため、その点から考えると耐震を考えているクレバリーホームとの相性もいいかなと思いますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

タイルが標準仕様になっているクレバリーホーム!
外壁にタイルを付けたいならクレバリーホームがいいかも!
「お値段以上」と評判のクレバリーホーム、その秘密は?
クレバリーホームで値引きの見込みはある?
クレバリーホームのeシリーズってどうなの?
クレバリーホームの坪単価、他社と比べてどう判断する?
30坪の範囲でクレバリーホームの家を建てると価格は?
積水ハウスとクレバリーホーム、それぞれの特徴は?
ua値、クレバリーホームはどれぐらいになっている?
クレバリーホームの中で最も高級なvシリーズとは?
クレバリーホームが考える防犯面の設備!
クレバリーホームなら屋根は瓦の方がいい?
メンテナンス面も考えているのがクレバリーホーム
床のデザインにもこだわるクレバリーホーム
1000万円でクレバリーホームを建てるのは難しいかも……
クレバリーホームで採用している断熱材は?
クレバリーホームのアフターサービスはどうなっている?
建売の数はクレバリーホームだと少ない?
分譲を用意してるけれどクレバリーホームだと高め?
クレバリーホームなら設備についても特に問題なし!
クレバリーホームで契約する際に確認しておきたいこと
展示場に力を入れているクレバリーホーム!
クレバリーホームはあまり結露が発生しない?
クレバリーホームで二世帯の家は作りやすい?
クレバリーホームの単価は果たして安いのか?
ほぼ見積もり通りの価格でクレバリーホームは家が建つ?
クレバリーホームではどのような木材を採用している?
クレバリーホームにはどんなシリーズがある?
一条工務店とクレバリーホームの違いは?他のハウスメーカーとも比較
注文住宅をクレバリーホームで建てるかどうかを考えてみる
地震に強い!?クレバリーホームの耐震・免震性能を徹底検証!
クレバリーホームではフローリングの種類が豊富!床暖房も検討中
クレバリーホームの窓は?二重窓と出窓で迷うけど防音性も欠かせない
クレバリーホームなら水回りの悩みも解決?トイレと洗面台の選び方
クレバリーホームの断熱性能を徹底検証!外断熱は寒い?光熱費は?
クレバリーホームの自由設計に注目!天井高を工夫して開放的な家に
和室が素敵なクレバリーホーム!外観を和風にするのもアリですね
クレバリーホームの外構はクオリティが高い!ガレージが欲しい
リフォームもクレバリーホームなら対応可能。バリアフリーにしたい
クレバリーホームの中古は少ない!価格もバラバラ
玄関作りに定評がある!クレバリーホームのおしゃれの秘密
クレバリーホームが安い理由は?ローコストなのは、なぜ?
クレバリーホーム「シュフレ」の価格は2000万円前後?
クレバリーホームのリビングは自由度がとても高いと聞きました。
鉄骨じゃないけどクレバリーホームの家は頑丈?