住友林業の断熱材はグラスウールだけ?他の種類と性能を調べてみる

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

目次

毎年、「猛暑」が話題となる日本。新居での生活が快適なものになるかどうかは、断熱材の選び方にかかっていると言っても過言ではありません。

 

「木の家」でおなじみの住友林業の家はどんな断熱材を採用しているのでしょうか。

 

今回は、住友林業の家の断熱性能に注目してみましょう。

 

昔ながらの木の家は、夏涼しい。

 

・・・そんなイメージもありますが、本当にそうなのでしょうか?

 

住友林業の家は涼しいの?

 

住友林業で使われているグラスウールとは?

住友林業ではグラスウールと呼ばれる断熱材を使用していますが、効果は高いかなと思います。

 

グラスウールとは、ガラスを細かくしたものと砂を混ぜた断熱材のことです。

 

外壁や天井などに敷き詰める形で使い、エコで安全な断熱材として使われることが多くなっています。

 

耐火性能が高く、シロアリの被害も受けにくいので木造の住友林業の家とは非常に相性がいいものになっていますね。

 

ガラスと砂を混ぜ込んで作るだけなので、費用としてもコストを下げることに成功しているのでうれしいポイントが多いです。

 

しかし、湿度に弱いという弱点だけがありますが、住友林業では格子状のパネルを使って湿気対策を行っています。

 

弱点をきちんと考慮している住友林業ならば、安心して施工してもらえるかなと思います。

 

住友林業ではさまざまな断熱材を使用しています!

住友林業ではさまざまな断熱材を使用することで、家の断熱性能を高めているようです。

 

壁や天井にはグラスウールを使用することで、隙間なくしっかりと熱をシャットアウトします。

 

湿気に弱いという弱点も、住友林業ならではの技術でカバーしてあるので安心です。

 

ほかにも、床下には押出法ポリスチレンフォームを使用して、床下の湿気と共に空気が漏れ出すのと入ってくるのを防ぐことに成功しています。

 

シロアリの侵入も同時に防ぐ作りになっているので、非常に有効な処置かなと私は思います。

 

窓にもアルミ樹脂複合サッシやアルゴンガス入りのガラスを使うなど断熱性に対して徹底した素材を使用しているのがわかります。

 

木造住宅でこれだけ断熱機能を高めてくれているのは、住友林業のほかにはなかなか無いかなと個人的には思います。

 

断熱性能を知る指標!「UA値」はどうなっている?

しかし、断熱材の種類だけで「断熱性が高い/低い」と判断するのは少々乱暴です。

 

住宅に関して素人な私たちはメーカー側の説明を信じて選ぶしかありませんが、やはり客観的な基準は欲しいですよね。

 

実は、建物の断熱性能はある数字によって表すことができます。

 

それは「UA値=外皮平均熱還流率」というもので、建物全体の「熱の伝わり方」を表すもの。

 

数値が小さいほど「断熱性の高い家」ということになります。

 

同じような数字に「U値」や「R値」もありますが、建物全体の断熱性を見るにはUA値が確実です。

 

住宅の断熱性能について議論する場合は、使われている断熱材が何であるか?よりもこのUA値を見るのが手っ取り早い!

 

住友林業の家は、全ての地域において1.0以下。
住友林業の家 断熱性能

 

住友林業の家 省エネ基準の地域区分
出典:住友林業の家 公式サイト 断熱性能

 

特に北海道など寒冷地で数値が低いことから、地域の気候特性に合わせた家づくりをしてくれているんだということがハッキリわかりますね。

 

住友林業の断熱材は厚さは、過去のものと比べると段違い!

住友林業では、断熱材の性能向上を常に考えている企業だと私は思います。

 

断熱材の性能は、その厚さに比例して性能がアップすると言われているようです。

 

住友林業の断熱材は、昔は天井が31mm、壁には23mm、床に14mmのものを採用していました。

 

それが現代では、断熱材の厚さが圧倒的に増えているのです。

 

住友林業の家 断熱材の厚さ比較
出典:住友林業の家 公式サイト 断熱材の厚さ比較

 

今では天井が220mm、壁は100mm、床は100mmとなっています。

 

これだけの厚さになってくると、家の省エネルギー性能も向上すると共に電気料金などの節約にも貢献してくれますね。

 

断熱材の厚さは寒い地域になれば厚くなっていく傾向にありますので、家の快適性に関していえば住友林業ならば心配することはないかと私は思います。

 

寒いのが苦手な人は、断熱材の厚さにもこだわってみるのはいかがでしょうか。

 

住友林業の断熱材は標準仕様でも性能が高いです!

住友林業の家は、断熱性能の高さが1つのウリになっていると私は思います。

 

標準仕様でもその性能の高さには定評があり、その理由としては断熱材の高さにあるようです。

 

天井や壁に使われる鵜断熱材としてグラスウールが採用されており、厚さも十分なものが取られています。

 

部屋の気密性はもちろん、外の音もシャットダウンしてストレスを無くすことに貢献してくれます。

 

グラスウールは結露などが発生しやすいという弱点もありますが、住友林業ではこの点も技術力にてしっかりフォローしてくれているのです。

 

床材には押出法ポリスチレンフォームという断熱材を使用しており、こちらは気密性の向上だけでなくシロアリの侵入も防ぐ力があります。

 

これだけ家のことを考えて作ってくれている住友林業ならば、安心できるかなと私は思います。

 

住友林業の断熱材は変更しなくても十分な性能を持っています!

住友林業の家は、オーダーメイドで作れるので断熱材なども変更することが可能になっているかと思います。

 

しかし、断熱材に関しては私は無理に変更する必要はないかなと感じています。

 

住友林業の断熱材は高性能で、標準仕様でもしっかりと高気密・高断熱の家を実現しています。

 

私が住友林業の断熱材と他のハウジングメーカーと違うなと思ってしまうのは、夏場でも快適に過ごせるという点です。

 

断熱材を使用する家では、たまに夏場の空気調整が難しくなってしまうことがあります。

 

住友林業ではそうしたことも無く、夏場でも断熱材によってイヤな暑さを感じることはないようです。

 

これは、住友林業が木材にこだわった家を作っていることに理由があるかと思います。

 

木のぬくもりがある家に、私ならば住みたいですね。

 

住友林業の床に仕込む断熱材の性能は?

住友林業で使われる断熱材は、性能が高くて冬では寒くなりずらく、夏でも暑くなり過ぎないと言った丁度良いものとしてまとまっているようです。

 

もちろん気温の感じ方には個人差があるかと思いますが、住友林業では地域によって断熱材の性能を調整してくれるのもうれしいですね。

 

また、床に使われる断熱材には押出法ポリスチレンフォームと呼ばれるものを使っており、床下から入ってくる外気もきちんとシャットアウトしてくれます。

 

この押出法ポリスチレンフォームのうれしいところは、断熱性能だけでなく防蟻にも効果をしてくれているという点にあります。

 

住友林業の家は基本的に木造建築になってきますので、シロアリのこともきちんと考えた作りになっているのは非常にうれしいかなと私は思います。

 

住友林業が基礎の断熱材を内側に入れる理由

昔は家の断熱性能を高めるため、断熱材を外壁にそのまま使うのが主流となっていました。

 

しかし、外壁に断熱材をそのまま使ってしまうと、そこからシロアリが侵入しやすくなってしまい家の安全性という面で非常にネックになってしまうというデメリットがありました。

 

木質にこだわる住友林業さんの家ならば、この点に関しては致命傷になってくるのではないかと思います。

 

そこで、住友林業では家の外壁に断熱材は使わずに、天井や壁の内側、さらには床下に断熱材を仕込むという形を取っています。

 

壁の内側だと断熱性能が下がるという風に思いそうですが、住友林業では天井に220mm、壁に100mm、床に60mmと十分な厚さを確保しています。

 

壁の内側に仕込むことで、冬場の寒さと夏場の暑さが程よいバランスになっているようなので住みやすい家なのではないかなと個人的には思います。

 

断熱性能の王者、一条工務店と比べてみよう

断熱性能といえば、同じく木造住宅が得意な一条工務店が有名ですが、UA値を比較してみるとどれだけの違いになるのか気になるところです。

 

調べてみたところ、両社のUA値はどの地域においてもほぼ同じ!

 

一条工務店 平成25年省エネルギー基準と「i-smart」のUA値(断熱性)比較
出典:一条工務店 公式サイト 平成25年省エネルギー基準と「i-smart」のUA値(断熱性)比較

 

  • 省エネ基準1:0.46
  • 省エネ基準2:0.46
  • 省エネ基準3:0.56
  • 省エネ基準4:0.75
  • 省エネ基準5:0.87
  • 省エネ基準6:0.87

 

一条工務店は、一般的なグラスウールの約2倍の断熱性能を持つ「高性能ウレタンフォーム」を採用していることをアピールポイントとしていますが、建物全体の断熱性を見てみれば、グラスウールを採用している住友林業の家と大差はないのです。

 

断熱性を比較する場合は断熱性の種類やU値、R値ばかりではなくこの「UA値」を比較してみることが大切ですね。

 

壁内結露って何?知っておきたいグラスウールのリスク

断熱材を語る上では、「結露」の問題を避けては通れません。

 

盲点となりやすいのは、壁内結露。

 

読んで字のごとく、壁の内側の見えないところで進行する結露のことです。

 

こちらのコラムにもあるように、一般的な住宅で採用されている「構造用合板+グラスウール」という組み合わせは、地域によっては壁内結露のリスクが高くなります。

 

⇒ 参考:一級建築士事務所 公式サイト 壁内結露に注意しよう。グラスウールと構造用合板だけじゃない、壁内結露の可能性

 

では、住友林業の家はどうなのか?というと、壁体内に独立した空気層を設けて余分な湿気を放出させるような仕組みになっています。

 

住友林業の家 公式サイト マルチバランス構法 耐久性
出典:住友林業の家 公式サイト マルチバランス構法 耐久性

 

また、万が一外壁から水分(雨水など)が侵入したとしても「半透明高分子防水シート」の高分子吸収体が水分を吸収して膨張することで水分の侵入口を塞いでくれます。

 

こういった水分対策は、家の耐久性を高め寿命を延ばすことにつながります。

 

断熱性や断熱材について考える際には、一歩進んで「結露」「水分」についても考慮すべきですね。

 

設計士さんがちゃんと考えておいてくれるだろうと思いがちですが、実際はコスト重視でそこまで考えてもらえていないケースも多いのです。

 

「見えない部分」についてどこまで突っ込んだ質問ができるかが、家づくりの成否を左右すると言っても過言ではありません。

 

「おっ、そんなことまで聞いてくるなんて、なかなかやるな」

 

と、メーカー側が一目置くくらい知識を蓄ておきたいものですね。

 

【まとめ】適材適所な断熱材の使い方で、業界トップメーカーを追う

今回は「断熱材」という観点から住友林業の家づくりについてまとめました。

 

ポイントは、

 

  • 住友林業では、断熱材として天井と壁に「グラスウール」を使っている
  • 床下断熱には押出法ポリスチレンフォームを採用
  • グラスウ―ルはエコで安全、シロアリにも強い
  • 従来よりも断熱材を厚くすることで断熱性能を向上させている
  • 建物全体の断熱性能を表すUA値では、一条工務店にも負けていない

 

あまり断熱性の高さを前面に押し出していない印象もある住友林業でしたが、トップを走るメーカーに引けを取らないレベルであることがわかりました。

 

ただ、一条工務店には「0.25」という驚異的なUA値を誇る商品「i-smart」があります。

 

住友林業の家も、これに負けない省エネ商品を開発して業界全体のレベルを底上げしていってほしいものですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

住友林業の家は住み心地に定評がある!寒い日もほっこり暖かい
住友林業の家で間取りを自由設計するぞ!キッチンは慎重にすべきや
住友林業の家のインテリアはこう!壁紙クロスとカーテンの相性が命
住友林業の家は外観が良い!外壁タイルと瓦の組み合わせがセンスある
機能よりも見た目で選ぶ!住友林業クレストの家具とウッドタイル
住友林業クレストの収納スペースが便利過ぎる!キッチン収納も優秀!
住友林業ホームテックの値引き額と評判を調査!候補になるか?
住友林業ホームサービスは評判どう?土地探しと今の家を売る場合
建売の住友林業の家は高い?建売でも耐震性は大丈夫?値引きは可能?
キッチン収納が優秀な住友林業クレストに相性がいいダイニングテーブル
住友林業クレストには質の高い床材が揃っています!無垢の階段も素敵
インスライドドアを住友林業クレストで!アルクローゼットも便利!
住友林業クレストの椅子はグレード高し!カップボードも選びたい
住友林業クレストならば大きくオシャレな化粧台が手に入ります!
住友林業クレストのトイレカウンターは優秀!ハイパーフロアも素敵
住友林業クレストのキッチンは床下収納が!下駄箱などの玄関収納も充実
住友林業ホームテックでキッチンのリフォームをローンで検討中!
住友林業ホームテックの値引き額は?存分に使われた無垢材に惚れて
住友林業ホームテックの外壁塗装はアリ?光あふれる玄関が素敵!
住友林業クレストのキッチン収納でインテリアに差をつけろ!
ミサワホームの価格と評判