このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

タマホームもパパまるハウスも、「ローコスト住宅」の代表格として社名が挙がるメーカーです。

 

具体的に、坪単価や総額はいくらになるのでしょうか?

 

今回は、大手住宅情報サイト「SUUMO」に掲載されている建築実例も参考にしつつ、二社の共通点や違いを抽出していきます。

 

ローコスト住宅なんてどこも似たようなものだろう。

 

なんて思っていませんか?

 

しかし実際に細かく比較してみると、似ているように見えて実は全く違う!

 

だからこそ家づくりは楽しく、なかなかメーカーを決められないのです。

 

ローコスト住宅のタマホームとパパまるハウスを比較!

住宅ハウスメーカーにも様々なところがありますが、低価格路線のハウスメーカーといえばタマホームとパパまるハウスの名前が挙がってくるかなと思います。

 

どちらのハウスメーカーも800万円台から考えることができるハウスメーカーで、不況が続く現代ならば一度は検討してしまうかなと思います。

 

しかし、タマホームだと結局は総額3000万円以上で家を建てることが多くなっているという噂が多く、反対にパパまるハウスならば総額2000万円程度で家を建てられるようです。

 

これは標準仕様を含んだ計算方法に違いがあり、タマホームではシステム上どうしても値段が上がるようです。

 

価格だけならばパパまるハウスに軍配が上がりそうですが、見た目についてはあまりいい意見がないので、モデルハウスの確認や営業の人としっかり話してから決めたいなと思います。

 

大手不動産サイト「スーモ」でパパまるはどのよう紹介されている?

マイホームを作る際には、実際にモデルハウスに行ったり友人から話を聞いたり、さらにネットにて情報を集めることになるかと思います。

 

特にネット上でのブログや口コミは見ることになるかと思いますが、不動産の総合サイトである「スーモ」にはお世話になることがあるでしょう。

 

スーモでは各ハウスメーカーの情報や実際に建てた人の写真などが載っているので、一度に情報を確認するには打って付けかなと思いますね。

 

スーモにも格安ハウスメーカーの「パパまるハウス」の情報は掲載されており、特にプッシュされているのが「標準仕様」という点ですね。

 

格安にも関わらず標準仕様がしっかりしているメーカーは少ないのは大きなメリットだと思いますし、実際に建てた人の内装写真も生活するには問題ないことが伝わってきます。

 

SUUMOで見つけた!アメリカンスタイルのタマホーム

実際に、SUUMOでタマホームの平屋実例を見てみましょう。

 

SUUMO タマホームの詳細ページ
https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_tamahome/

 

参考価格は「34.0万円~75.0万円/坪」と明記されていますね。

 

34万と75万円だと倍くらい違いますよね。

 

タマホームは「ローコスト住宅のようでいて、実際はそうじゃない」という評判も聞きますが、この数字を見ても施工内容(プラン、オプション)によって金額幅がありそうです。

 

平屋の実例だと、アメリカンスタイルが目を引くこちらのお宅が印象的。

 

SUUMO タマホームの実例 アメリカンスタイルの平屋
https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_tamahome/101745_0000_13/jitsurei/jc_0068/

 

正直、タマホームの注文住宅は価格が安い分、デザインはあまり冒険できず無難な外観になってしまうのかな・・・という先入観がありましたが、こんなオシャレな家も建てられるんですね。

 

間取りを見ると、中心に広いリビング、それを囲むような形で洋室2つ、そして主寝室。

 

夫婦二人に子供1~2人という家族構成にちょうど良さそうな間取りですね。

 

日本の住宅では珍しいカバードポーチもあるので、犬を飼うにもちょうどよさそうな設計だなと感じます。

 

愛犬とじゃれる子供、その傍らでゆったりとコーヒータイム・・・みたいな優雅な生活を自然と思い描ける家です。

 

価格は、1,500万円~1,999万円、坪単価にすると51.5万円~68.6万円なので、タマホームの注文住宅の中ではちょうど中心の価格帯に当たる建築事例ということになりますね。

 

ラグジュアリーな平屋がまさかの30万円/坪で!?

続いてこちらは、パパまるハウスの紹介ページ。

 

SUUMO パパまるハウスの詳細ページ
https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_papamaruhausu/

 

参考価格は「31.1万円~38万円/坪」とあります。

 

タマホームに比べると価格幅が狭いので、建てる立場としてはちょっと安心ですよね。

 

「一体、どこまで跳ね上がるんだろう」とハラハラせずに話を聞けそうです。

 

SUUMOでは二階建ての事例しか紹介されていませんが、価格は880万円のお宅もあり「本当に880(パパまる)なんだ!」とテンション上がります。

 

では平屋はどうなのか?

 

公式サイトに掲載されているプランを参考にしてみましょう。

 

パパまるハウス 軽井沢の家

 

パパまるハウス 軽井沢の家 間取り
https://www.papamaru.jp/plan-hiraya

 

「軽井沢の家」というリゾート感満載の平屋が1,380万円。

 

坪単価に換算すると30万円そこそこです。

 

一般的に、平屋は基礎や屋根の面積が広い分だけ2階建てよりも価格が高くなる傾向があります。

 

リビングの掃き出し窓の外にはコンパクトなウッドデッキがあり、やはり犬と一緒に暮らすにはベストな設計。

 

室内は白壁×ナチュラルブラウンの建材の組み合わせで、全体的に北欧テイストなインテリアになっています。

 

たっぷり物を収納したり、子供の隠れ家やパパ・ママの趣味空間としても使えそうなゆったりロフトがあるのもポイントですね。

 

平屋なのに縦方向にも解放感があり、のびのびと子育てができそうな実例だなと感じます。

 

アイダ設計とパパまるハウス、住みやすいのはどっち?

住宅ハウスメーカーの中にでも低価格なローコスト住宅の数は増えており、アイダ設計とパパまるハウスと呼ばれるメーカーがあります。

 

アイダ設計
https://www.aidagroup.co.jp/

 

アイダ設計といえば「555万円の家」というプランがあり、目が飛び出るほどに安い設定のプランはつい飛び付いてしまいそうです。

 

ですが、555万円の家には様々な制約があり、こちらは本体価格だけなので追加の費用が発生し、さらに坪数についても限定されるようです。

 

それに対してパパまるハウスの家は880万円から考えることができる家となっており、標準仕様もきちんとついて30坪程度の家が購入することができるようです。

 

アイダ設計だと色々追加して費用が高くなりそうですが、パパまるハウスならば土地代や諸費用含めてもあまり高くならないかなと思いますね。

 

「アパートからマイホームへ」のパパまるハウスは本当にお得なのか?

マイホームを建てたいけれど、ローンのことや予算のことが頭をよぎって二の足を踏んでしまう人も多いかと思います。

 

そんなマイホームを諦めているご家族に向けて商品を提案しているのがパパまるハウスです。

 

30坪程度の家も880万円から考えることができるハウスメーカーというのは、なかなか類を見ないかなと個人的には思いますね。

 

実際に費用としては本体価格の880万円と諸費用、土地代になってくるようなので、総額としては2000万円程度になってくるでしょう。

 

月8万円から10万円のアパートに10年以上暮らすのであれば、2000万円で家を建ててしまったほうがお得になってくるかと思うので、費用面で考える場合はぜひ検討したいメーカーだなと思います。

 

【まとめ】正真正銘のローコスト!コスパで選ぶならパパまるハウス

同じくらいの価格帯のハウスメーカーとの比較を元に、パパまるハウスの特徴についてまとめてみました。

 

ポイントをおさらいしましょう。

 

  • タマホームとの比較だと、パパまるホームのほうがお安い
  • パパまるハウスはローコストだが標準仕様が充実している
  • アイダ設計もローコストだが、あれこれ追加で結局高くなる
  • 月8万円以上の家賃を払い続けるなら、パパまるで建ててしまったほうがオトク

 

「ローコスト住宅メーカー」でひとくくりにされていても、詳しく見ていくとそれぞれ中心価格帯は異なりますし、実施は謳い文句ほどローコストではなかったりするものです。

 

その点、パパまるハウスは正真正銘のローコストで、なおかつコスパの良いメーカーと言って間違いなさそう。

 

コストを抑えて満足度の高い平屋を建てるなら、絶対に外せないメーカーの一つではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事